FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

屋久島4

屋久島に来て3日目。最終日。
なにせ時間もお金もない私は本来ゆったりと来てほしいという屋久島の要望に応えられず、レストランのとなりの席で悠々と「本当にここはゆったりと時が流れるね。」と話しているご夫婦を横目にひとりバタバタとしているのでした。

昨日の縄文登山で一緒だった方に、このいわさきホテルから歩いて大川(おおこ)の滝というところに行けるのだということを聞きました。それで部屋に帰ってホテルの案内を見てみると地図が入っているではありませんか私に残された時間は朝起きてからバスツアーに行くまで8時15分までの間のみです。1日目に何もできなかったのでここで挽回しなければ・・・

前日の疲れもなんのその・・・5時半起床。
地図にはおよそ90分と書いてあったけど「えぇ~いワタシの足なら60分」と勝手に決めてホテルの裏口からスタートしました。当然こんな時間に、しかも雨が降る中散歩なんかしている人はいるわけもなく、地図にはサルに注意と書いてあったので、気を引き締めながら歩きました。

辺りは薄暗くて本来なら女子ひとりで行くのはどうかと思われるところだけど今回は冒険で来てるんだから何事も勇気を出してチャレンジです。ホテルの周りが果樹園みたくなっていて本来ならもっとゆっくり散歩すればいいんだろうなと思いました。とりあえずそれも見たうえで私が行きたいのは大川の滝。大川の滝方面の矢印を行くと結構な上りヤバイ、制限時間が・・・もう汗だくです。滝の音が聞こえてきたときはここねと思って安心したのですがその先に小さな展望台らしきものがありそこまで行くには結構キケン。雨のせいで足元が濡れていてすべりやすいのです。こんなところでひとりすべり落ちて事件になったらタイヘンと時間はなかったけれど慎重に進みました。

その展望台に着いたとき「ヤッター」とひとり歓声を上げました。滝が見事にザーザー流れてる。屋久島では当たり前かもしれないけどやはりすごい。以前家族で行った白糸の滝なんて比べ物にならないです。こんなすごいところを独り占めなんて、しばし呆然、そして我に返り写真に収め、さあ退散

下りだから速いと思いきやすべるすべる、気をつけて足を運んでなんとか戻ってきました。大丈夫、まだ間に合う。その足でホテルの温泉に直行。汗だくの私に不審げな周囲の目も気にせず今回3回目の温泉を満喫し部屋に戻り急いで楽しみにしていた朝食へ。私は和も洋も好きなのでホットケーキもおかゆも楽しんで締めのコーヒーでお腹いっぱい、あぁあなんてごはんのおいしいホテルだったんだろう

なんとか8時15分の集合時間に間に合いバスツアーに出発。
10人ちょっとの少人数で中には昨日のご夫婦もいました。ご主人は昨日は無口だったのに今日は旅の話などいろいろ聞かせてくれました。奥様に引っ張られて来たのかと思いきやご主人もなかなか旅好きのようです。

どちらかというと空港に送ってほしいと思っていた私はこの3000円のツアーはあまり期待はしていなかったのですけどヤクスギランドという、いろいろなスギが生えている道の散策や紀元杉というこれまた大きなスギの木に触れたり写真をとったり、(ひとりで行ったのに毎回写真を撮ってもらえるので記念写真でいっぱい(笑))ひとりではなかなか行けないところだったので楽しかったです。

またガイドさんは屋久島ご出身の方らしく、そして横浜にいたこともあるらしく、年齢は私より少し上だと思いますが気さくで頭の回転の速い方だなと思いました。屋久島の男性は独身者が多いらしく、「ここに住むってのはどう?」って聞かれたりしました。コンビニやファミレス、スタバだってない。けれど「別になければないで、困ることなんてないよねえ。お金も使うところないし。」と運転手さんと話してくれました。

そちらも切実ならば・・・こちらの切実と合わせて・・・なんて

島として離れてるし、これだけ何もないと、私のガツガツもあきらめつくかもなと思ったりしました。
私の人生は180度変わってしまうけど。。。

来年また時間があればもう少しゆったりまた訪れたいと思いました。また来たいと思うのは相性がいいんだと思います。富士山から下山したとき、もう二度と登りたくないと思いました。やはり富士山は遠くから見てキレイだと思うもの。もう十分だと。でもあのときはまだ走り始めてまもなくて体力的にもキツかったから楽しめなかったのかもしれないと今なら思います。けれどその感覚はもう戻せない。そのときイイと感じるかイヤだと感じるかで方向は変わってきますね。

ホノルルマラソンを初めて走ったとき、また来年も来たいと思ったあの感覚と今回も同じような気がしています。今度は何にはまっていくんだろう。。。神様は私にどんなプログラムを用意しているんだろう。神聖なところに行く度に「もう決まっているんですよね?」と問いたくなります。

今回の旅はある意味私にとっては冒険でしたが、チャレンジして本当によかったです。自分用に買った屋久杉の箸と写真、それに2ヶ月後に届くであろう陶芸作品できっと忘れられない思い出になるはずです。

いつになく長文で、最後まで読んでくださった方はいたのでしょうか。。。なかなかうまくまとまらなくて時間がかかってしまいました。まだまだ伝えきれないことはたくさんあるのですが・・・。直接お話できる人にはまた私の冒険話をたくさん聞いてほしいと思います。

屋久島の神様、そこで出会った方々、最後まで私のつたない文章を読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

このページのトップへ
コンテントヘッダー
このページのトップへ
プロフィール

ズッキイ

Author:ズッキイ

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。