コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

屋久島1

無事帰ってきました。神様に感謝です。

さて・・・私の今回の旅企画は「屋久島で縄文杉に会いたい」です。

昨年から行きたいなと思っていて友人を誘いましたがスケジュールが合わず・・・今年も行きたい熱が増してきたのでこれはもう一人で行ってしまおうと2ヶ月前に旅行会社に飛び込みました。まず、時期は一番安く行けるとき、6月末の平日がタイムリミットだったのでそこで決まり。で、なんとなく飛行機とホテルと当初は行きは高速船で行こうかと(安上がりなのです。)安易に考え予約しました。それで約1ヶ月前になって詳細を自分でつめて見たときにこの計画ではすべてうまくまわらないのではないかと考えホテルと飛行機をすべていれかえました。

当初の安易な計画では朝はゆっくり出て屋久島に着いたら情報誌に載ってた「陶芸」と「箸づくり」でもやって2日目に縄文杉登山、夜はウミガメを見に行って3日目はせっかくだから屋久島観光を満喫しつつギリギリ夕方の飛行機で帰ってこようかなというところでした。私の旅行会社のプランは一番安いチラシのものを選んだらかなりシンプルで飛行機とホテルを確保し縄文杉をオプションでつけるというものでした。私から言わせると旅行会社の人もかなりいいかげんで(多分屋久島には行ったことがないのでしょう。)今思えばもう少しアドバイスがあっても良かったと思います。少なくとも私が担当ならもう少し語れると思います。

問題点1・・・島には交通手段がほとんどない
路線バスがあるから行けるでしょうという旅行会社のアドバイスは不親切です。なぜなら路線バスは1時間に1本くらいしかなくそれであちこちに移動するのは不可能です。せめてホテルにたどり着くくらいです。なぜかホテルからの送迎がないんですよね。だから最初は空港近くの歩いて行けるホテルにしようと思っていました。

問題点2・・・陶芸の場所が遠すぎる。
路線バスで行けないことはないのだけれど遠い。・・・あきらめるべきか。

問題点3・・・3日目にひとりで観光は不可能。
レンタサイクルっていうけどそれもかなり距離があってムリ。3日目を有効に使うにはどうしたら?

問題点4・・・一人だと何かと参加できない。
縄文杉登山は申し込み当初参加は私1人しかいなくてそれだと催行されないと言われました。
ウミガメについてはそもそも2人以上じゃないと申し込みすらできない。

つまりね、交通手段に左右され一人参加は制約を受けるわけです。仲間とレンタカーで行くよって言う人はいいかもしれません。でも私は一人で歩きかバスでの移動。どうしたものか・・・

計画をすべて見直さなければならないと思いました。

まず1日目を移動だけで終わらせてしまうのはやはりもったいない。陶芸をやるべきで箸作りもなんとかならないかと思案しました。鹿児島からの高速船では間に合わないため飛行機に変更。羽田発の飛行機も頑張って早く起きることにしました。羽田を8時15分発鹿児島10時5分着、乗り継いで鹿児島11時発屋久島11時35分着。本当はすぐに陶芸のところに行きたいのだけれど陶芸は15時からだと言うのでそれに合わせたバスは空港発13時13分。1時間くらいで陶芸をやってるところに着きます。ああ、この空いた時間に箸作りと思って聞いてみたけれど(箸作りは空港近くにあります。)その時間はお昼だからムリだと断られこちらは仕方なく断念空港についたら昼ごはんでも食べようと思いました。

次に3日目をどうするか。こういうときに便利なのは観光バスツアーです。探してみたら最後に空港に送ってくれるのがありました。ただしこれに参加するにはホテルを変更しないといけません。私が当初予約した空港近くのホテルではそのバスがとまってくれないのです。ちょっとお高いけどイワサキホテルに変更、ギリギリ早割りがききました。とはいえ問い合わせてみると現段階では参加者がズッキイさんを含めて6人なので催行されるかは直前にならないとわからないとのこと。・・・でも土曜だしそのうち集まるだろうと読みました。読みは当たり1週間前に催行が決定

縄文ツアーについては旅行会社の契約している会社がダメだったときに備えて他もいろいろ問い合わせしてみました。うーーんこれがやはり一人参加はダメ回答でしたね。(くやしい・・・)ウミガメも問い合わせたところ、2人参加が基本だといいます。でもこちらは他に参加者がいたら催行してくれるとのこと。とりあえず前日まで待つことにしました。・・・この後縄文ツアーについては催行が決定し一人参加が認められました。ウミガメについては残念ながら他の参加者がいなくて断念

というわけで苦労したけど旅のだいたいのプランが組めました。自分の納得のいく旅にするためには多少面倒なことも逆に面倒な人だなって思われても妥協せずにやらないといけないと思っています。こういう言い方はよくないかもしれないけど汗水たらして働いたお金です。そのお金を払う以上満足のいくものにしてほしい、後からこんなんじゃなかったと文句は言いたくないのです。最近私は「めんどうくさい」という言葉を禁句にしています。一言あきらめずに聞いてみるだけでいい方法や新しい道が開けることはありますからね。いつも旅に出るときはいろんなことを確認して他にいい方法はないか考えます。

・・・あとは行ってみないとわかりません。何しろ初体験ばかりで不安は募るけれどもワクワク感もありました。一人でも楽しめるかな。。。実は最近一人がラクになりました。以前は感想を言う相手がとなりにいてくれなければ面白くないじゃんと思ったけれど今は自分が思うように食べたり行きたいところに行けるのがとてもイイです。今回に関して言えば人の目なんて全く気になりませんでした。むしろ一人で過ごすホテルライフがとても気持ちよかった。

では、旅の全容をお話します。


つづく・・・

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

努力が足りない

マラソン大会の日はさすがにムリだろうなと思っていたのだけれどコンサートは17時からでした。

多分間に合う、あきらめきれない・・・。指揮者は飯森さんだし曲目もわかりやすいものばかり、で、勢いで先日チケットを購入してしまいました。

正直なところ暑さもあって若干熱中症気味、練習してないせいで脚もなんだか重くてダルイ
軽く後悔・・・

でも貧乏症の私は購入したチケットを無駄にするなんて絶対できない!!!

気合で17時には涼しい顔してホールに座ってましたよ

このコンサートはオリンピックコンサートというもので、毎年やっているらしく、近代オリンピック復興が決議された6月23日のオリンピックデーを記念して行われているようです。

オリンピックの映像+クラッシックコンサート+選手も登場みたいなイベントでした。

曲目がとても良くて「わが祖国」から「モルダウ」  を聞いたときはなんだか泣きそうになりました。
昔、合唱コンクールで歌いましたよね。なつーかしーきかーわよ モールダーウのー って
国を背負って戦う選手と重なって感動

演奏は東京交響楽団で、飯森さんから
「僕は努力が報われると思っているんですよね。」っていう話があって
「この東京交響楽団のみなさんもね、100人に1人くらいしか入れない狭き門に入るために小さい頃から一生懸命練習してきたんですよ。」
「アスリートのみなさんも選ばれた人たちはみんなすごい努力をしている。音楽家もアスリートも実は共通しているんです。」・・・みたいな話でした。

そうそう、フツウの人は努力が足りないんだなって最近すごく思います。みんながボーっとしてたり遊んだりしているときに努力をしている人がいる。そういう人に神様はチャンスを与えるんだなって。世の中、実はすごく平等にできてるかもしれないと、それなら頑張った方が面白いだろうなと。とにかくいつもあきらめずにその場にいていつでも行ける準備をしている人に幸運がもたらされる確率は高いですよね。

そんな想いでアンテナを張っていると逆に物忘れがひどくなる私なのですが。。。


好奇心のままに過ごしていたら6月はハードスケジュールとなってしまいました。週末のたびに小旅行が続いています。そして今週末は今年最大のドキドキ大冒険の予定です。仕事は上の空で有休の多い私を大目に見てくれている上司に感謝、感謝です。この経験を仕事に活かすことで、きっと・・恩返し・・・します。

というわけで、無事に帰ってこれたらまた報告しますね。



このページのトップへ
コンテントヘッダー

スイカロードレース

久しぶりにスイカロードレースに参加してきました。以前はエントリーは先着だったのに最近は抽選が多くなりました。辛くも?当選です。

以前に2回ほど参加したことがあって、スイカを給水に使うというのはなかなか面白かったので、まだ行ったことがないという同僚を誘ってみました。

場所は富里町というところで、電車で行くにはギリかなということで往復の直行バスを予約して東京から乗りました。こんなに時間をかけて行くにしては10キロなので少し物足りないかなあと思うのですが、昨日はかなり暑かったので10キロが限界というところでした。ちょうど良かったです。

いつからなのか40歳未満と以上でスタート時間が40分ずれていました。ゼッケンの色も違うではありませんか。年齢がバレバレです。これって・・・気にしているのは私だけなんだろうか・・・

私はギリギリ前半チームで同僚の友達は後半でした。以前もそうだったけど手荷物は相変わらず長蛇の列でトイレも同じく・・・。代わりばんこに行ったけどひとりだったら大変でした。手荷物は中学生くらいの子たちがやっていてマイペースというか・・・誰か指導者がほしい。もっと手際よくやらなくちゃ、走った後も長蛇の列で、ランナーがかわいそうです。ここで熱中症になったら本末転倒ではないですか。ここでも後半組の40歳以上の方々が犠牲になっていましたこういうとき、ちゃきちゃきしたオバサンがいると助かるんだけれど。。。私、きっと近い将来なっちゃうな・・・そのオ、オバ・・・自分では言いたくないけど

以前走ったときは2回とも、シトシトと雨が降っていて涼しかったのですが今回は晴れ時々くもりみたいな天候で熱中症直前、ムリしたらダメダメという感じです。こういう日は走ったらいけないんじゃないかな。。。実際倒れていた人もいたみたいだし。

そうは言ってもせっかくの大会でがんばらない人はいませんよね。また体に負担かけてるなあと思いつつ、でも頑張ってしまう。フルマラソンももう少し余裕を持って走れたらいいなと思うのですけど、なかなかできません。頑張るのは悪いことではないと思うけど苦しいと寿命を縮めているんじゃないかなって最近は思ってしまいます。

スイカ給水所を通り過ぎると9キロ地点で急激な坂が待っています。これを乗り越えてゴールなのですが、今回はラストスパートもできずヘエヘエでゴール、手元54分49秒でした。(暑さを理由にしているけど実はかなりの練習不足です・・・反省

さてさて、ゴールしてから私は6本1000円のトウモロコシを友達と分け合おうと購入。オジサマたちから「一人で食べるならラップをしてレンジで3分でいいよ」って教わりました。(なんで一人ってわかったんだろう)朝採ってきたというそのトウモロコシは家で食べたらとっても甘くておいしかったです。お腹がすいたので焼きそばを購入しお先に失礼スイカは食べ放題なのでガツガツと食べ更衣室に戻るころ友達も帰ってきました。

私は走ったあとに余裕があったのでひとり楽しむことができたのですが、友達は、ああバスの時間がなんて焦りつつ焼きそばもバスの中で。。。来年は40歳以上を先にしてくれないかなあ。。。

私たちの乗った帰りのバスは13時くらいにでて東京に14時くらいに到着しました。あっという間の小旅行

予想より早く着いたので私はいったん家に帰り、お風呂に入ってから本日第2部のイベントのために再び東京に舞い戻ってきたのでした。我ながらよくがんばるワタシ・・・


つづく・・・






このページのトップへ
コンテントヘッダー

さくらんぼマラソン

先週に引き続き山形へ

前回のブログをあらためて自分で読んでみるとかなり慌てて書いたのか話は飛びすぎてよくわからないですね。自分で読んでも読みにくい何これ・・・本当に読んでくださったみなさんごめんなさい。

今回もマラソンあけの月曜から休みなしで仕事だったので(当たり前と言えば当たり前か)、ちょっと休憩しながら書きますね。


山形に行くのはこっちが本命と言えば本命です。
毎年気になっていてなかなか行くことがなかった「さくらんぼマラソン」今年はやっと参加となりました。

山形へは新幹線「つばさ」で行くのですけど東京を出るときは「やまびこ」と連結して行くんですね。福島で別れるみたいです。いつも「こだま」「ひかり」しか乗ったことがない私にとっては新鮮でした。

前日に開会式を兼ねたセレモニーがあるとのことなので山形からさくらんぼ東根駅まで在来線に乗りました。駅でのセレモニーがあるとのことだったけど間に合わず・・・その後シャトルバスでイベント会場に着くも、帰りのシャトルバスは駅から来た最終のバスに合わせてそれが駅に戻る16時が最終だと言う・・・開会式や瀬古さんや千葉ちゃんのトークショーはそれからなのに・・・。結局何もできずにまた山形へと帰るはめになりました。今回は公認のさくらんぼマラソンツアーを使って来ているのだから駅でのセレモニーが間に合わないというのもおかしいし、イベント会場も県外から来た山形駅宿泊者のためにせめて開会式やトークショーが終わってからの帰りのシャトルバスをだしてほしいと思いました。これは来年に向けての要望です。

・・・最初から文句ばかりでスミマセン。

なんかもったいないなあと思うからです。ボランティアの人たちは一生懸命やってくれていてとてもすばらしいと思います。だからこそあともう少し・・・期待してはいけませんかね。

宿泊は山形駅近くの「ルートインホテル」、このホテルはビジネスホテルにもかかわらずとてもキレイでいいところでした。先週の温泉ホテルより高得点です。マラソンツアーでは朝5時50分に駅集合で現地まで送迎してくれるとのことでしたが何せ早すぎるしご飯も食べたいし、着いてスタートまでは時間がありすぎると思ったので私たちは自分たちで行くことにしました。ホテルのご飯を食べてからでも十分行けます。7時7分山形発の電車、これに乗らないと次はありませんから気をつけて


当日の気温は当初21度、北海道マラソンを思い出しますね。

千葉ちゃんから「今日はとても暑いので記録を残すのではなく記憶を残してください。」とのことでしたのでかなりペースを落として水をとりつつの走りです。何がツライって暑い、とにかく暑いということでした。練習不足ということもありましたけど、ハーフ以上は多分走れなかったと思います。

このままいくと暑かったという記憶しか残らないのでは。。。けっこういっぱいいっぱいでしたからね。。。

そんな中で私が感動したことのひとつはやっぱりさくらんぼの木です。うそでしょって思うかもしれないけれど私は生まれて初めてさくらんぼの木を見ました。(多分・・・)へえ~そういう感じなんだってのが感想です。(わかりにくいなあ・・・)今更だけど、木になるんですね、さくらんぼって。あの小さな実からだとあんまり想像できなかったです。じゃあ何を想像してたんだと言われると・・・イチゴとかとは違うと思うけどトマトみたいな感じかな。とにかく無知な私は初めて見るさくらんぼの木に感動したのでした。

そしてそのお値段にも。手間がかかるんだろうな・・・それにしてもミニトマトが入ってる小さなカップサイズで山形駅では1000円くらいで売られていました。見た中ではイベント会場で売られていたのが一番安くて1キロ4300円(送料込み)だったと思います。一人暮らしの私は両親に送ってあげようという優しさもなく通りすぎるのみ。参加賞でさくらんぼを少しいただいたのでそれで十分。家に帰って食べたら慣れないものを食べたせいかお腹の調子が悪くなったりして(笑)さくらんぼっていったら通常あんみつの中に入ってるピンクのしかほとんど食べたことなかったんですもん。

レースの方は2時間4分44秒でゴールしました。終わった後も息が苦しかった・・・練習不足ですね
さくらんぼの他に山形のお米「つや姫」でつくったおにぎりとTシャツをもらって終了。それから帰りの新幹線までの間にバスで温泉に連れていってもらいました。温泉の湯がやわらかくて気持ちよかったです。さすが温泉王国。先週の蔵王温泉に引き続き今回は天童温泉に入ることができました。

なんだかんだと言いつつも今回も楽しかったです。そうそう2週連続で行ったのでなんとなく東北弁の感じがわかってきたような。NHKの朝ドラ見てるせいかもしれないけれど。

今月はこの後、久々にスイカマラソンに出場予定で、その後またひとり冒険に出る予定です。
東進ハイスクールの「今でしょ!」の先生が社会で必要な能力は「解決」と「創造」だって言ってましたね。私ももっといろんな経験をして能力を蓄えたいと思っているのです。学生のころ友達が、「うちのお母さんは『歳をとったら、今まで培ってきた経験とカンで生きていくしかないんだよ。』って言ってるよ」って言ってた言葉がずっと忘れられません。

「いつやるの?」「今でしょ!」っていつも自分に言いきかせて当分また止まってはいられない私です。






このページのトップへ
コンテントヘッダー

プレ山形2

12時5分山形駅着

ふう~。さあ後半戦に向けて腹ごしらえを。食欲はあまりなかったけどおそばを食べました。東京よりはコシがあったかな。はい、急いで~~。何せ電車の本数が少ないのです。

12時42分山形駅発、山寺へ。
山形県と言えば、実は私もよく知らなかったのですけど、山寺=立石寺というところが有名らしいです。

~ 閑さや 岩にしみ入る 蝉の声   芭蕉 ~

とういう有名な俳句を詠んだところとしても有名です。

修行のように長い階段(1000段くらい)をひたすら上ります。せっかく温泉で癒した足よ頑張って!!!
私の足はすごいですとなりで息をきらしている人を横目にぐんぐん登ってぐんぐん下りました。何せ帰りの電車に間に合わせなければなりませんから駅に「山寺へは往復で2時間かかります。」と書いてあってそれでは間に合わなかったからです。それにしても変わったお寺です。1000段登ることによって無の境地になるみたいなことが書いてあったような。マラソンと同じだなって思ったりしました。上から見る景色は相変わらず、すばらしくて、けれどなぜだろう田舎っ子の私にとっては、まあそんなものかなと残念ながら俳句は書けそうにはありませんでした。

14時39分山寺発、山形駅15時着

はい、間に合いました。さてさてやっと本命コンサートに行かなければです。
さすがに疲れたのかお腹の調子が悪くなり、正露丸のお世話になりました。よかった、持ってきて。

少しカフェで休憩して15時40分ホール着。駅からすぐの山形テルサです。

16時開演の前に飯森さんから今日の曲についての解説があります。
これは他のコンサートではまずありません。こういう試みがファンになってしまうところでもあります。曲的にはよく知らないモーツアルトの曲なのですが、なんとなくわかった気になります。

山響の演奏会は初めて行きましたが、まず女性の服装が派手だなと思いました。みんなソリストかと思うようなドレスなのです。これではソリストはどうするんだろうと思ってみていたところ、もっと派手な衣装で登場してました(笑)音響も思った以上にすばらしいです。人数も適当で、多分見に来ている人は山形の人が多いのだろうけどぜいたくだなあと思いました。多分会員さんなんでしょうか。年会費を払うと何回か見にこれるみたいな。でもそれでこの地方会場をほぼ満員にするというのはすごいです。だってよくわからないモーツアルトの曲なんですよ。

正直途中で何度か寝そうになりました。でもそれは退屈ではなくて音が良すぎて気持ちよかったからです。ソリストの女性の技術はすごかったです。自信に満ち溢れたどうだと言わんばかりの演奏。(いい意味で)私より若くて美人さんで最近出産もされたそう、ちょっと、いやかなりうらやましくなりました。人生って不公平だな・・・って思っちゃいけないんですよね。

演奏会が終わって立ち上がろうとしたらふらついてしまいました。
まっすぐ歩けないかも・・・疲れた・・んですよね

またトレーナーくんに言われちゃうな。
「旅行の計画は結構ちゃんと細かく準備するんだよ」
「でも走るのはいつもギリギリですよね。」
「・・・・・・・・・・・。」
「それって本末転倒だと思うんですけど。」

これはもうしかたがないです。「楽しく走ろう!」って決めたんだから。
今度の日曜も再び山形にやってきて楽しく走るんだもん
下見バッチリだから一緒に行く同僚にもいっぱい話しできると思うし。。。

授業料払った分は私の頭の中に蓄積されたと思います。
今月はこんな生活がずっと続きそうな予感です。そして今は大学のレポートだけが悩みの種です。

私がもしも美人で才能があったらもっと男性にモテて早くに結婚して出産してそれなりに幸せだったかもしれないけれどきっとこんな楽しい体験はできなかったかもしれない・・・なんて負け惜しみかもしれないけれど、とにかく置かれた境遇の中で前に進みたいと思います。

「いつか必ずチャンスの順番が来る!」(ノートのメモより)


このページのトップへ
コンテントヘッダー

プレ山形1

今日は久々に家で寛いでいます。余裕があったのでヨーカドーにフライパンの下取りをしてもらい新しいフライパンをゲットしてきました。本当はティファールが欲しかったけど定価だったので、貧乏人根性で一番安いやつをさらに7%引き・・・これでチャーハンもラクにつくれるはず

昨日山形交響楽団(山響)の演奏を聴きに行くために山形に行っていました。
正確には金曜日に半休をもらって新幹線に乗りお宿に泊まって一日山形三昧をたくらみました
数々の冒険(?)のせいで今日はくたくた・・・さすがに皇居ランはあきらめたというところです。

なぜ山形なのか・・・話は3月のオーケストラの日に遡ります。今年の指揮者は飯森範親さんという人で、私は実は全く知らなかったのですが結構有名な方でした。テレビにもよくでてくるし、映画「おくりびと」のオケのシーンは山響と飯森さんだったみたいです。そのテキパキとした打点と、かもし出すオーラに一目でファンになってしまいました。本も(図書館で借りて)読みました。その多大な努力からくる自信で他人とは違ったことを勇気を持って行うことによって山響を変えた、そう山響の音楽監督をしているんです。

とはいえ東京でももちろんやります。東京交響楽団の指揮者でもある飯森さんは東京でも見れるのです。にもかかわらずその何度もある演奏会がことどとく私のスケジュールとかぶり見にいけないそんなとき今回の日程が目に入りました。山形まで行くべきかと何度も迷いました。なぜかって、来週も山形行くんですよわたし!!さくらんぼマラソンで!!!なのに・・・。他のコンサートに行けないかなって何度も考えたんですけどダメ6月1日のコンサートは1階のいいとこにまだ席が空いてるし、前の日は午前中研修だから午後休みがとれるよ~って神様がささやくんです。それでこれはもう行くしかないなって。山形というところを自分の目でしっかりと見て経験してくればこれは立派な授業料だと思って。ゴー ゴー となりました。

山響のパンフレットにも山形を宣伝してくれみたいなことが書いてあって、よお~しと思うのですが、正直なところあまりないんですよ私も新幹線代の元をとるつもりでせっせと調べたんですけどね、何がいいかって自然と温泉。車仕様じゃないとムリなところが多いのです。でも私は(なんちゃって)旅行責任者として考えました。それで結構ハードなスケジュールになって(いつものことだけど)今日は動けずなのです。

前の日に行くのはもちろん有効に時間を使うため。コンサートは16時からなので土曜の朝行って終わったら帰ってきてももちろん行けます。けれどそれではせっかくの新幹線代がもったいない。宿泊はスーパー温泉ホテルにしたら5000円弱。すっかり忘れてたけど以前奈良マラソンのときに使って好印象なところでした。でも本格的な旅行には不向きかも。あくまで有効に時間を使いたい、節約したいときにはかなりいいところです。

新幹線で東京から3時間弱、遠いです。でも「えきネット」での割引が使えます。往路は30%引き、復路は15%引きが使えました。となりの席は行きも帰りもいなくて悠々自適、東海道とは大違いです。

前日はご飯を食べてからチェックイン。(ご飯食べるところあんまりないです。。。飲めなければなおさらです。)ご飯は平田牧場の豚使用というトンカツを駅中で。フツウ???値段も東京と変わらないし、さくらんぼも地元なのにすごく高いです。お蕎麦やさんも高いと思ったし、物価的には東京とあまり変わらない気がしました。観光客向け商品は高いのか。。。そうでなければ給料が東京ほど手当てされない山形の人は大変なんじゃないかなんて心配したりしました。(大きなお世話ですね・・・)とりあえずホテルの温泉風呂に入って翌日に備えました。

朝6時起床、6時半から朝食を食べて7時20分出発。
7時40分山形駅のバスターミナル発蔵王温泉駅のバスに乗りました。
8時17分に蔵王温泉駅着、私の予定ではここからロープウェイに乗ってなんちゃってトレッキングを超スピードでしてなんとか大露天風呂に行ければいいなと思っていました。

まずは中央ロープウェイを目指しました・・・がなんと運休
一瞬頭の中が真っ白、でも気をとりなおして練り直し。こうなったら帰り道に乗るはずだったスカイケーブルに行って散策してこよう!!行く人がいないのか場所がわかりにくい・・・ていうかたどりつくと客は私しかいなくて、ちょっと動かないとか言わないでしょうねと不安ながらに聞いてみると大丈夫、誰も乗ってないのにケーブルカーはじゃんじゃん動いてました。別の意味で大丈夫かとまたまた思ってしまう私でした

ひとり頂上にたどり着き景色を満喫。晴れてそれはそれはキレイな山々が目の前に広がっていました。・・・でとりあえず(下調べによると)ドッコ沼とその先のうつぼ沼まで行けそうです。早めに戻って絶対に温泉に行ってやると思いました。ドッコ沼は少し歩くとすぐにあってここもいいとこでした。エメラルドグリーンの水面に光が当たってキラキラしてました。なんで誰もいないのかしら???それじゃあ次、うつぼ沼まで行ってみよう!

それからなにが怖いって誰も人がいないことでした。自分のリュックが背中でこすれるたびにヘビかしらってドキドキして、あまり人が歩かないのか道が草で覆われていて行くべき道を誤り道なき道を歩いたり。。。これって本格的トレッキングになっちゃってるんじゃ・・・。ていうかとりあえずリュックできたけどなんちゃってリュックだし、短めジーンズだし、ランニングシューズだし、コンパスとか持ってないよ。ムリムリ、キャーキャーの独り言多しの一人トレッキング。本当に怖かったです。一応女子なのでここで襲われたらどうしようかとか、もう誰もいないってどうなんだ!!!と怒りをぶつける相手もいず・・・

うつぼ沼に到着なんだコレ?沼っていうか水たまりじゃん。目的は達成されたのでダッシュで戻る。もうこんな怖いとこまっぴらだもんね。超スピードでケーブルカーのところに到着。やっと団体客が到着したみたいでした。でも私はまた一人ケーブルカーで下り次は温泉、温泉。

下調べによると大露天風呂ってところがあるはず。標識にそって坂を上りました。やはり歩いてくる人はいないみたい・・・。お湯は白くて源泉という感じ。前半の疲れが癒されたので少しゆっくりしてしまいました。さて私は11時20分のバスに乗らなければいけないんです。またまたダッシュ道がわからなかったので通り道の旅館の人に聞いたら「素直に下りて右です。」って言われて「はい、素直に下りるんですね。」って本当にただそれだけでした。まだ少し時間が・・・ラフランスソフトクリームを食べ、おなかがすいたので玉こんにゃくも食べました。これで前半の予定は終了。これから山形駅にもどって後半戦です。


長くなりすぎたのでつづく・・・


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ズッキイ

Author:ズッキイ

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。