コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

2012振り返り

今年も、もう少しで終わりですね

年の瀬と言えば大掃除、昨年はさぼったので今年こそは!!!と張り切ってはみたものの、狭い部屋の割りに結構疲れてしまいました


そして、今年はお休みが長めなので何かしたいと思う反面、何も考えたくないというハザマで揺れています


ただ、今年の振り返りはしておかなければいけません。

今年の私はどうだったか・・・
前半はなぜかとても体調が悪かったです。
やりたくてもできなくて焦ってましたね、何事も。

あごが痛くなったり、朝起きると飛行機に乗ったときに起こるように鼻がつまったり、すごい咳で苦しくなったり、ストレスなのか何なのか理由がよくわかりませんでした。病院に行っても特に異常はなかったんですよね。後半からは何とか回復して、いびがわマラソンはとても楽しく走ることができて本当に良かったです。

今年はそんな体調不良にもかかわらず、あきらめないで取り組めたことが良かったことだと思っています。大学の単位が予定よりとれていないのは反省点です。

そんな中、今年はひとつだけ、ファイナンシャルプランナーの3級に合格することができました。これはいつもの新しい仕事に就いたらその分野に関する記念の試験みたいなもので、大好きな分野だったこともあり、うまくいきました。来年は2級を目指します。時々、「勉強好きなんだね」って(なんだか馬鹿にしたように?)言われることがあります。決して勉強が好きなわけではありません。仕事でわからないことがあったり、興味があったりして、じゃあやってみようと思うのは普通だと思うし、私の場合、それが人より多いということなんだと思います。それにいざ勉強となると結構ツライんですよ。ただそれでも、いつも何かをせずにはいられない私なのです。

走る方は若干抑え目という当初の計画でしたが・・・
フルマラソン3回
ハーフマラソン4回
と結構頑張ることができました。
特に名古屋は自己新記録の更新で、本当に少しずつだけど前に進んでいます。


結婚は今年もできませんでした(笑)
婚活という名のお誘い大作戦にはなかなか引っかかってきてくれません・・・
が・・・闇夜に鉄砲数打ちゃ・・・でしたかね・・・来年もめげずに・・・打ちます・・・

槙原敬之さんの結構前の曲で
「もう恋なんてしない」って言うの知ってます?

もし君に~ひ~とつだけ~強がりを言~えるの~なら
もう恋なんてしない なんて
言わないよ 絶対

遠まわしに断られたりして、傷つくたびにもうヤメって思うんだけど、いつもこの歌を思い出してお風呂で歌って、次、次って思うことしています。(それに断り方の参考になったりして。こうやって断ればいいのね、メモっとこみたいな。)


本当は今年も、他人から見たら「そんなこと」でも私にとっては愚痴ったり恨み言を言ったり泣き言を言ったりしたいことは山ほどです。でもこの年の瀬に思い直しました。部屋も掃除したので、キレイな(フリの?)私で新年をお迎えしようと

今年1年 平和に暮らせたことに感謝しつつ、来年も実り多き年になりますように・・・みなさんにとっても。


スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ひとりきりのクリスマスイブ

今年もみなさんの期待を裏切ることなくひとりぼっちの私は今日もひとりで過ごしています。

ひとりで何が悪いんだぁ・・・なんて開き直ったりして・・・

今日の朝の番組でもコメンテーターの人が言ってたもん。「ひとりでいいじゃないですか。コンビニでチキンとケーキを買ってろうそくを灯して一人で過ごすのも・・・。」

そうですよね

ワタシも張り切って買いにいきましたよ。
スーパーで、298円の二つ入りショートケーキとチキンはひとつ148円のをふたつ、一人用のピザが190円、お酒は飲まないのでいつも常備されているファンタグレープジュースで十分。なんて安上がり。パスタは自分で作っちゃおう。

ろうそくはなんかでもらったやつ、あったよね。

音楽は、今は亡き友人が教えてくれたカーペンターズのクリスマスポートレイトってアルバム探さなくっちゃ。


今年はひとりでもあんまり悲しくないです。
いや、全く悲しくないといったらウソになりますけど。。。

ずっとね、カレがいないことで劣等感でいっぱいでした。今でも抜けきれたわけではないのだけれど。
他の事はなんとか努力をすればそれなりに結果がでてくるものなのだけれど、異性を振り向かせるのって本当に難しくて。。。他の事と同じようにそれは努力が足りないんだとか、自分のことは棚に上げて相手に望むレベルが高すぎるとか・・・いろいろ悩みました。

本当は大好きな人と一緒になりたい・・・けれどそれはもうムリだと言われる。だから、私はルックスがそこそこならそれ以外はなんとかいいところを見つけて妥協しようとしていたような気がします。でも、男女の差はあると思うけど、私がまあいいなと思って妥協しようとしていた人たちと、もし同性なら友達になっていたかと考えるとなんとなく「No」だった気がするのです。それってどうなの

それでも努力しなきゃ、あきらめちゃいけないなと思って、いいなと思う人にはそれなりに声をかけてみたりしてみたんですよ。でもそういうのヘタクソなのかないつも断られるのです。大人だから遠まわしにね。若いころはそれに気づかなくてどんどん進んでいったらもっと傷ついて、今では早めに退散することにしています

私が走り始めたきっかけはホノルルマラソンだったっわけだけど、それでは何でホノルルマラソンに出たかといえば、自分変わらないかなって思ったからです。でもそのとき自分を変えたかった理由はとても小さなことでした。

あのときとても仲の良かった友達と同じ人を好きになりました。まあ、好きっていっても「あの人いいね」くらいの。でもそれから「あの人」は友達のことを好きになりました。あのときのショックといったらなかったです。何がって私が選ばれなかったショックです。友達がずば抜けてキレイな人だったら、仕方がないと思うけれどそういうわけでもなかった。(失礼ですねえ・・・ごめんなさい。)ってことは内面に問題アリってこと?考えてみれば、どっち?って言われたときに私はいつも選ばれてこなかったんじゃないか?やっぱり性格が悪いのか?って

辛くて泣きましたそれで、私には何かが足りないから選ばれなかったんだと、もっと努力をして魅力的になれば今度はそういう場面になったとき、今度はきっと私が選んでもらえるんだって。その第一弾がホノルルマラソンでした。前から興味はあったのだけれど絶対にムリだと思っていて、でも今行くしかないと。片っ端から旅行会社に電話してこぎつけた。あのとき突然だったのに一緒に行ってくれたYちゃんにはとても感謝しています。

そのあと、料理やパン教室にも行ったし、着付け教室なんかも行ってみました。。。

まあその後現在にいたるわけですけど、確かに私は着実にいい方に変わったと思っているんです。でもね、どういうわけか異性のみなさんからは誰からも相手にされないわけですよ。だからちょっと最近そのことばかりにこだわるのはどうかと思って。結婚できなかったり、子どもを産んでいないことに何でこんなに縛られなければならないんだろうって。誰に責められるわけでもないけど、どこかで自分で自分を責めてる。なんて落ちこぼれなんだって。

そういうのから早く抜け出したいなって。だって今や走ることや勉強することはぜーーーんぶ自分のためだもんね

明日は職場の友達と女子会&クリスマス会を企画しました。女子はみーーんな快くOKで。なんなんだろうなこの違い?やっぱり女子に支えられてひとりで生きていくしかないのかな私ってと思う今日この頃・・・


今日、どこかでひとりで過ごしているあなたに・・・メリークリスマス
このページのトップへ
コンテントヘッダー

女性のキャリア

今年のマラソン大会が終わって、12月。
世間は忙しいみたいだけど、私は余裕があって、だけど世間に流され浮き足立ってしまいます。

こういうときはエラい人の話を聞いておかなければ・・・なんて
都会は便利です。そう思って探せば意外と簡単にヒットします。しかも無料だワ・・・。


今回は走ることには関係ないお話ですのでご興味がある方だけどうぞ


私ゴトですが、出向生活も2年、来年は次の行く先を考えなければなりません。というか希望を伝えなければならないのです。このままお気楽ヒラ生活も決して悪くないけれど、先日友達に言われたのです。「結婚もしないし、子どもも産まないのなら、これからの長い人生はたいくつじゃないか」って。もちろん私はこの先、結婚もしたいし、子どもも産みたい。けれどそうじゃない可能性だって、年齢的に「大」であることを受け入れなければならないんですよね。

それなら、いっそエラくなっちゃった方がいいんじゃないかって。

と言っても私がなりたいと言ってすぐにエラくなれるわけではないんですけどね。・・・で先日の面談で「女性のキャリアについてはどうなのか」と質問してみたところ
「男女平等です。やりたい人にはやってもらいます。その気があるなら大いに頑張ってくれ」というではありませんか。
それじゃあと「私はちゃんと仕事がしたいんです。」(今までもちゃんとやってきたけどね~)
「来年は勝負をかけるということですか」
「はい、そうです」
(うぅ・・・なんか売り言葉に買い言葉みたいになっちゃったよお )


今まで私は「そういう道は目指していないので」とかわしてきた戦火の中へ飛び込んじゃおうかな~(たいくつだから)みたいな・・・どうなんだろうこの決断


実はウチの組織、これといって出世してる尊敬できる女性のモデルがいないんですよね。
それで、今回のエラい人、厚生労働省の村木厚子さんのお話を聞きにいきました。


無実の罪で捕まっちゃったにもかかわらず、そこでくじけず、見事に復帰してまた仕事をされている。
どういう話し方をするんだろうと興味がありました。

役人らしく地味な格好で(こういうところは私は好きです。ヘンにルックスで売ろうという女性講師多いですよね。)読むための原稿は当然なく、滑舌もよく、厳しい質問にも淡々と答えるところなど、さすがだと思いました。あと20年くらいしたら、私もあんなふうに人前で話しができるだろうか・・・。

内容は少子高齢化のお話プラスアルファというところでしょうか。グラフを見ながら高齢者を支える人口がどんどん減ってるという現実のお話と共に、村木さんはちゃんと仕事をしてきて税金を払う立場だったから自分は支える方だとずっと思っていたそうです。でも今回の事件で、ある日突然支えられる状態に陥ることがあると実感したそうです。

支えられるということはどういうことかというと、まず自分が一生懸命頑張ることが前提で、次に家族や親類、友達などに支えてもらうこと、そしてプロの技術に助けてもらうこと。村木さんの場合、自分が拘置所で耐え、家族に支えられ、弁護士さんに裁判で戦う技術を教わったというところでしょうか。
それで、支える、支えられるというのは年齢に関係なく必要なときに誰もがどちらの立場にもなり得るということのようです。お年寄りや障碍者も支えられるだけではなく支える立場になることもある、そしてこれにより共生社会というものができるのだと。

それから、村木さんが拘置所で頑張れた理由は4つあってひとつは好奇心があったこと、二つ目は危機管理に対する備えがあったこと、3つめは好きなことができたこと、4つ目は食事と睡眠がしっかりとれたことだとおっしゃっていました。好奇心とは捕まっちゃってどうしようと思う気持ちは9割なのだけど、拘置所とはどうなっているんだろうとついながめてしまうことがあったそうです。それから取り調べは朝から晩まであるのだけれど、霞ヶ関の仕事に比べたら短かったと。今まで働いてきてどうしようと思うことが何度もあり、それをずっと乗り越えてきたから耐えられたのだと。夜は好きな本が読めたのも良かったと。

すごいですよね、仕事を全力でやってきたからこその自信

最後に、自分は役人なので政治的な発言はできないとしつつも「もらいたいけど払いたくない国民」と「配りたいけどもらいたくない役人」の組み合わせが最悪だと。来週の選挙の参考にしなければいけません。


なんだかすごさに圧倒されて、私のキャリアは黄色信号です




このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ズッキイ

Author:ズッキイ

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。