コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

川崎国際多摩川マラソン

先週に引き続き大会に参戦です。

でも今回は近くなので気持ち的には余裕が漂う・・
それにハーフマラソンなので気持ちもずっとラク

何がいいかって近いからってとこですかね。

いびがわとは全く正反対なこの大会。
正直言って、ドラマなんてあったものではありません
スタートに並んでからの話や来賓の名前は多すぎるし、有名人も来てないしなあ
これが寒かったらかなりブーイングです。

ただひとついいところはみんな真剣に走っているというところです。
それは当たり前だけど・・・
仮装してる人がほとんどいないんですよ。
おまけに途中で歩く人の確率も極めて少ない。
記録会ですか?って感じです。

私はというと・・・
フルマラソンが終わったので、ハーフくらいなんて思ったのがいけなかったかなあ。。。
ハーフマラソンはとりあえず2時間以内にはゴールしたいなあという漠然とした思いもあり、だとすると結構最初から速く走らなければならないんじゃない?と焦ったりして、前半がかなりオーバーペースになりました。

おまけに気持ち的には半分で折り返してほしかったのに折り返しが12キロすぎで気持ちがかみ合わなかったりもしました。後半の15キロ以降がかなり苦しかったです。内心、どーしよーという気持ちでした。ところが誰も弱音を吐いてというかペースまちがえてダメですって歩く人がいないものだから、もう気力で走りました。先週とはうって変って、もう苦しくて苦しくて

記録:1時間53分55秒(ネットタイム)

なんとか入りましたかね


先週フルマラソンを走り終えたときはまだまだ走れそうで不思議と疲れもなかったのに、今回はどっと疲れが・・・ゴール後もハアハアと立ち止まってしまうくらいでした。


久々に続けて大会に出たので疲れたみたいです。
なんだかムチャな走りだったし。

それにしても・・・ドラえもんタオルでもくれたらいいのになと思うのは私だけだろうか。。。


なにはともあれ、昨年に引き続き職場の同僚と完走し
帰りにモスで食べた、てりやきチキンバーガーがとてもおいしくて
「こういうことがないとなかなか走らないしね」
・・・と反省しつつ、今年の私のマラソン大会は少し早いけど終了です。

その分来年はちょっとハードに始まりそうです

それまでに早く大学のレポート書いておかなくては・・・
そうそう、その前にずっと行けてなかった旅に出まーす。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

いびがわマラソン3

会場には早めに着いてしまったので、いつも参加したことのないエアロビでの準備運動に参加しました。やってみると意外と面白いですね。身体も温かくなりました。先に出発すると言っていた健康広場で親しくなった女性とも再会。こんなたくさんの人の中でまた出会えるなんてなにか縁があるかもしれませんねと健闘を誓い合いました。

さあ、タイム申告順に整列して、スタートです。
実はこの地点では雨が降ってなかったんです。それで合羽を着ていなかったのですが、走り出してすぐに結構本格的に雨が降ってきました。12時までは弱い雨予想だったので油断していたのですが、これはもう腹をくくって走るしかありません。

はじめのうちは雨はあまり気になりませんでした。スタートのときに高校生が「今日は揖斐の紅葉を楽しんできてください」と言っていたのでそうしようと思っていました。本当にかすかに色づいた木々が美しかったのです。

5キロをすぎたころ、2人で走っていたベテランらしき男性が隣の女性にアドバイスしてました。「ちょっとペースを落とそう。このままではキロ6分をきってしまう。身体が温かくなってこの辺で知らず知らずのうちにスピードがでてきてしまうんだ。後半のことを考えてここはゆっくり行こう。」
「ふむふむ、時計を見てみると確かにそうだ。このコースは前半の折り返しまでが上りがつづく、現に今上り状態なのにみんなのペースが速い気がする。このまま行ったら最後まで走る自信がないな・・・」とわたしもじっくり戦法に変更。どうぞ、どうぞみなさん抜いていってくださいとばかりにじっくり走りました。フルマラソンの勝負は30キロ以降。私はそこにかける!!!今日は調子がいい、だからこそ耐えて温存していこうと思いました。前半の上りでどれほどのダメージがくるのか予測できないこともありました。

10キロすぎ、本当に走るのが楽しかった雨で霧がでた山々は幻想的で本当に美しかったのです。空気がおいしくて全く苦しくない。雨がかなり降っていて寒いのが気になったけどこのじっくりペースでなんとか中間点まで頑張ろうと思いました。雨なのに合羽を着て応援してくれている人やボランティアの方たち、選手よりも寒かったのではないかと思います。町をあげての大会なので、学校でもこの大会のことを学ぶそうです。自分たちの住んでいる町をもっと愛そうって。幼稚園の子たちも合羽をきて並んで応援してました。小学生とは何度もハイタッチして元気をもらいました。手作り感いっぱいのいい大会です。アクセスのせいか都会からの参加者は少ないみたいです。でも私はこれくらいがいいなと密かに思っています。あんまり来てほしくないなあと。。。

中間点、じっくり来たのでまだまだ私は元気です。このあたりから脱落者がちらほら。そういう人を見るたび元気がでてくる私は意地悪でしょうか(笑)20キロや中間点はそこを目標にしてしまうと簡単に心が折れてしまうんですよね。ペースもそのあたりのことを自分の実力と合わせて考えなければなりません。あのベテラン男性が言ってたことは本当でした。あのとき颯爽と走っていた人たちがほら、走れなくなってる・・・。さあ私は勝負の30キロまでひたすら我慢です。ここで体力がないときは本当に1キロが長くて苦しいんです。でも今日は調子がよくて自分のペースをキープできました。下りになってきたのも楽だったのかもしれません。

この大会はずっと看板があって「歩くな頑張れ」とか「ありがとうの気持ちが大事」とか「今日はあなたがヒーロー」だとか私はずっと読みながら走っていたのですけどこれなかなか面白かったです。そうそうマラソンは常に自分が主役だからねなんて思いながら。。。次は何が書いてあるんだろうと楽しみでした。

それで今日の私のドラマのテーマソングはいきものがかりの「帰りたくなったよ」でした(笑)(歌詞はともかくこの曲のコード進行が好きなのです。)主役はもちろん私です。

30キロを過ぎて

前奏~
途中省略
帰りた~くなったよ 君が待~つ街へ
大きく手を振ってくれたら 何度でも振り返すから
帰りた~くなったよ 君が待つ家~に
聞いて欲しい話があるよ
笑ってくれたら嬉しいな



雨に濡れて帽子からも雨が落ちてきた。
前の女性はランスカの水をしぼってる。
気をつけて走ってきたけどシューズにも雨が入り込んできた。
道の端では男性が震えて助けを待ってる。もう走れなくなってる人たちもいる。
でも私はいける、もっとまだまだいける!!!
このときのために練習してきたんだもん。リタイアしないように頑張ってきたんだもん。
途中で走れなくなるのは根性がないんじゃない、練習が足りないだけだと思う。
だからこそ万全の準備をしてフルマラソンを走るのはひと仕事きっちり終えたような気がして気持ちがいい。


などと自分に浸りつつ・・・30キロ以降の道のり
味噌汁のエイドではコップに入れてくれたので飲みやすかったです。寒かったので本当においしかった。
スイーツエイドでは「もう全部持っていってください」って差し出された昆布ゼリー片手いっぱいに5個
食べれなくて持ち帰って家で食べたらすごくおいしかった。ボランティアのみなさんがもう自分の町の一員として働いている気がして他の大会とはちがうなと思いました。

余裕がでてきた私はハイタッチの回数も増え、ありがとうもたくさん言えた気がする。
速報ラップでは30キロから40キロのラップが20キロから30キロよりも速い。こんなのは本当にめずらしい。あと4キロの表示でまだいけそうと思い速そうな男性についていくことに


はい、前奏スタート

たいせつなことは数えるほどあるわけじゃないんだ きっと
くじけてしまう日もあるけど泣き出すことなんて もうない

ほら 見えてくるよ


あと2キロの表示で私はその男性をかわしました。
まだまだいける。ダッシュダッシュ
何人も抜きました。気持ちいいなあ。
最後の2、195キロは11分48秒で走り抜けた。


伝えた~くなったよ 僕が見る明日を
大丈夫だよってそう言うから 何度でも繰り返すから
伝えた~くなったよ 変わらな~い夢を
聞いて欲しい話があるよ
うなずいてくれたら嬉しいな


最後にハイタッチした男性が「今日は越えたね」って

はーい、いつものように図々しく手をあげてゴール
4時間29分30秒 手元では28分くらいでした。
調子いいといっておきながら何だそのタイムはって感じですけど・・。
でも私にとってはよく頑張った、いい大会でした。

ゴールしてから寒くて凍えそうでした。
中学生にかけてもらった「よおがんばりんさった」タオル
とても嬉しかったです。

揖斐川めいっぱい満喫の週末、関係者の皆さんのおかげで本当に楽しく思い出深い大会でした。
 
ありがとうございました。

このページのトップへ
コンテントヘッダー

いびがわマラソン2

「館内のみなさん、温泉バスが5時半に出発しますので行かれる方はお集まりください」
と館内放送がありました。なんだか学校みたいでワクワクしました。

入り口に集合するとバスがやってきて出発ですとなりにいた女性と親しくなることができました。今年3回目だというその方は昨年は民泊でふつうのお家に泊めてもらったそうです。広い家で何人か泊まったらしいのですけど温泉に連れて行ってもらい、夜はしし鍋をごちそうになり、でも料金はいただけませんって無料だったそうです。すごいなあ・・・。温かすぎるね、この町。何年か前公民館の前でテントを張ってた若者にそんなところに泊まるより家に来ないかって誘ったのが始まりだそうです。泣けますねえ・・・。

30分ほど走って温泉に着きました。マラソン割引で400円で入浴。明日は天気が悪いはずなのに空を見上げると星がたくさん見えました。なんて素敵なんだろう。レストランでご飯もしっかり食べて、極楽です。温泉の人たちも明日は頑張ってくださいねと声をかけてくれる。本当に町をあげての大会なんですねえ。ありがたいです。

すっかり満喫して帰ってくると21時。歯をみがいて寝ますかね~。なんてよくできてるんだ。22時消灯という館内放送が入り電気が消えました。

ここに来ている女性たちはみな一人みたいで無理に友達つくろうとかべたべたした女性特有のものがなくさばさばしていてその自立してる潔さみたいのがかっこよくすごく居心地がよかったです。問題があるとすれば、かなりすごいいびきをかいてる方がいたということくらいかな。年配の方だと思うのだけどこれがすごくて部屋中に響き渡っていたので多分他の人は全員寝れなかったと思います。それで外に出て行く人とかもいたのですが、私の場合そうでなくても寝れないことが多いのでこういうことには慣れているといえば慣れています。こういうときはただただ安静にすることが大切だと横になっていました。たとえ前日緊張して寝れなくても目をつぶって横になるだけで身体を休めることは可能だと教わっていたからです。そんなことを考えながらそのいびきの中休みに私は眠ることができました。ラッキーでした。

朝、起きるとお母さんたちが作ってくれたおにぎりと味噌汁をいただくことができました。お味噌汁が独特な色をしています。明るい茶色みたいな。赤味噌でもなく合わせでもなく。あったかいおふくろの味でした。バナナとお茶もついています。おいしかった~。人数も適度なので混む事もなくトイレもスムーズで体調万全です。会場まではシャトルバスで送ってくれました。いたれりつくせりですね。

さてさていい感じで会場入りです



つづく・・・
このページのトップへ
コンテントヘッダー

いびがわマラソン1

帰ってきました~
今日はぜいたくにお休みをいただいてこのブログを書いています。

ああ何から書こうかな。。。

天気予報で予測していたことではあるけれど今回は私にとってホノルルマラソン以来のフルでの本格的な雨ラン。もしかして雨が待ってくれるんじゃないかと思ったけれどスタートしてすぐ待ちきれずに雨が降り出しました。うひょーもうかあぁて感じで始まった久々のフルマラソンどうなることやら。

それでは最初にアクセスと宿泊について書きとめておこうと思います。


「身体になるべく負担をかけずにお金もなるべくかけたくない」、が私の信条。

今回の場所は名古屋から東海道線で大垣までそこから養老鉄道で揖斐、そしてバスというルートです。
名古屋までは時間はかかるけれど、当然大好きなぷらっとこだまですね。好きな飲み物が売店でもらえるんですけど大会のときはいつもポカリスエット、本当にありがたいです。チケットはずいぶん前に購入しました。普通の新幹線の切符と違って1ヶ月前よりもっと前から予約購入できます。そうしないと大きな大会があるときはすでに満席なのでいつも神経質になります。これ、復路がとれないことが多いのですけどそういうときに限ってひかりの指定席をとってくれます。ぷらっとよりは高いけどのぞみよりは安い、速いし、とれないときはいつもこれを利用しています。・・・が今回は職場の福利厚生でJTBの旅行券を1万円分もらったのでそれで1ヶ月前に復路のみリッチにのぞみ券を購入。乗ってみて実感。本当に速いね、のぞみって。早く毎回のぞみに乗れるようなお金持ちになりたいです(笑)座席もこだまは狭いんですよ。のぞみは席がゆったりで無線ラン(あまりつながらないって聞いたけど)も使えるみたいでした。今更だけど。。。

それでゆっくり昼から家を出ました。こういう日に限って消防点検やら排水溝掃除なんかが午前中にあっていつも落着かない私の計画本当はフルマラソンを走るときは前後1日ずつ休みをとって余裕をもって挑みたいところなのですけど・・・。貧乏ヒマなしですから仕方ありませんね。

ぷらっとでは隣の人がいるにもかかわらず、朝読めなかった新聞を読み、駅弁を食べ、音楽を聞きながらまるで我が家のようにリラックスをしつつ久しぶりの旅に胸を躍らせていました。

名古屋から大垣、大垣からは養老鉄道というローカル線に。終点揖斐まで約30分です。揖斐駅で降りたら確かコミュニティバスに乗るはずでした。ここまでは予習済み。ところが行ってみると今日は役場前をバスは通らないと言うのです。役場から少し歩いた中央公民館が受付場所なのです。あららどうしましょう。。。そんなこと案内には書いてなかったよ。。。その場にいた何人かの人たちも困ってしまいました。すると運転手さんがせっかく遠くから来てくれたみなさんに申し訳ないからルートを少しかえて中央公民館のすぐ近くで降ろしてくれると言ってくれました。すごいなあ、都会だったら考えられない英断です。ルールやマニュアルでガチガチな都会と違うローカルルールもときにはいいなあと思いました。それでこそコミュニティバス(?)ではありませんか。

それで公民館で受付といってもゼッケンは事前にもらっているので安心カードという誓約書を出して記念品をもらうだけでした。正直なところ前日受付は近くの人か健康広場に行く人以外はあのアクセスを考えると必要ないんじゃないかと思いました。そう、私は健康広場に行くんです

公民館からアクセスは実質徒歩しかありません。道を聞いたらここからだと15分くらいかかるよと言われましたが、なにをおっしゃる、私たちはフルマラソンを走るんですよ。15分なんて朝飯前です
この道をずっと行くとローソンがあってそこを右に曲がって団地を通り抜けるとあると聞きました。なるほどそのローソンが健康ひろばから車で3分というコンビニのことねと思いつつ歩きました。暗くなるまでに着かなくっちゃ。さすがに怖いですもんね。誰かほかに行く人いないのかなと見渡したけど、これがいないんですよ。とほほ・・・とにかくローソン、ローソンとなかなか見えないから不安でしたがありました。ここを右ね・・・とそこから全く目印らしきものもなく・・・聞ける人影もなく・・・。とにかくまっすぐ歩いていたら横にそれらしき建物が見えてきました。おお助かった、なんとかたどり着きました

受付で1000円を支払いここが今日の私の宿泊場所です。マットと毛布と地元のお母さんがつくってくれる朝ごはんつきです。すごくお買い得商品ではないですか?普段はトレーニングセンターみたいなところですかね。女子の部屋は15人くらいでした。すでにマットと毛布が並んでいて好きなところでいいと言われました。ここで失敗がひとつ。このマット薄くて硬いんです。このままだと背中イタなのですけど、そして私は知らずにそのまま寝てしまったのですけど、隅にヨガマットみたいのが置いてあってこれは自由に使っていいみたいでした。気づくのがおそかった・・・。とりあえず荷物を広げて温泉バスの時間を待ちます。ふふふ・・・温泉にも連れて行ってくれるんですよ


つづく・・・

このページのトップへ
コンテントヘッダー

いびがわ前夜

いびがわマラソンまでカウントダウンがはじまりました。

もうほかのことはすべて忘れて(仕事もそっちのけ・・・)集中しようとしているズッキイです。そうはいえどもいろいろあって、先週は年に一度の最悪イヤな日・・・人間ドックに行ってきました。

内視鏡検査でいつもてこずり、どっと疲れる私は今回は鎮痛剤を使用することにしました。こんなところで疲れて体調崩したくないですもんね。案内をよく読んだら若干の人でやる人がいるって書いてあったのです。去年まで見逃していたのだけどこれはもう使用してもらうしかありません。健診の先生は「ズッキイさん、反応するのは若い証拠だと思ってください。年寄りは反応しなくなりますから。」って言ってくれたんだけど、私はもう子どもみたいに泣いてしまうほどひどいんです。
でも今日は鎮痛剤で知らないうちに終わっちゃうもんね~・・・と思っていたら甘かった鎮痛剤は効いていてもうろうとしているんだけどなぜか「うへうへ」と反応してしまうんですよ。先生は「こりゃだめだ」(と私には聞こえた・・・)、看護師さんも「大丈夫だから力を抜いて」と私を押さえたりして。。。でも打たないよりは早く終わった気がしたので毎回迷惑をかけるけれど来年も鎮痛剤でお願いしようかと思っています。
ほかにもいろいろあったのだけど、人間ドックの話はこれくらいにして・・・。


・・・で人間ドックが終わったら気が抜けた(安心した?)のか体脂肪が減り始めました。まとめとして走った皇居20キロも少しペースが戻ってきました。もうずっとね、走るたびに身体が重くて次から次から抜かれていたんです。皇居を走る人は速い人が多いから抜かれても気にすることはないんだけど、いつもだったら抜かれない人?に抜かれ追いつけない、もしくは全力で走ってやっと・・・1周32分くらいかかってたんです。やっと28分くらいに戻ってきました。なぜだか理由はわからないけど突然戻ってきました。そんなに人間ドックがイヤだったのだろうか・・・。意外に小心者の私です


そして、今回は一人で岐阜県の見知らぬ山奥?まで行くのでいびがわマラソンの事務局に2回も電話してしまいました。1回は案内が届かなくて心配で・・・。でも係りの人はとても丁寧に対応してくれました。届いた案内も手作りっぽいけど詳しく書いてあります。ちょっと田舎的な温かさを感じました。この大会は参加賞も選べるようになっていて、いらない人は参加費が割引になっています。参加賞を希望した人はTシャツかネックウォーマーか特産品かも選べます。Tシャツはいっぱいもらいすぎたので私はネックウォーマーにしました。フルマラソンにしては参加費も安かったと思います。温泉バスで温泉にも連れて行ってもらえるらしく楽しみだワって職場で話していたらいつも前向きな嘱託さんから「それじゃあすぐに友達ができるんじゃないの?」って言われてその気になっているズッキイです。そういえば、ぽにあねちゃんからも婚活してこいって指令が出ていたような(笑)


今回のコースはかなり難関みたいでそこが不安なのですが、制限時間内に帰ってこれるようにゆっくりじっくりねばって完走をしたいと思っています
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ズッキイ

Author:ズッキイ

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。