コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

スポーツ栄養

サイエンスカフェというセミナー(多分全国で開催されていると思われるのですが、)の中でスポーツ栄養学の話題があったので参加してみました。

はじめてサイエンスカフェというものに参加してみたのですが、交流会みたいな感じですね。最初に先生のお話があって、それから懇親会、こちらがメインらしくて一般の方とはいえそれなりにそういった職業に従事されている方たたちがざっくばらんに話し会う会みたいです。私は全く外の人だったので、また場違いなところに来てしまったと思ったのですがみなさんの質問のやりとりを聞きつつなかなか面白いと思いました。

「ポカリスエットは薄めたほうがいいのか?」という話がありました。これどこかで聞いた話ですよね。マラソン講習会とかに行くと薄めろって言われるし大塚さんに聞くと薄めるなって言われて私も迷った。でも確かこれ朝大トレランクラスの最初の授業で聞いたような・・・そんときの資料はどこへいったんだ。。。

「ポカリってトウチョウですか?」「トウチョウです。」トウチョウって何だ?と素人の私は焦りつつ聞いていました

その場の話ではポカリスエットは熱中症対策のために開発されたものなのでそれに使う時は薄めないでくださいとのことでした。点滴を飲むように開発したものらしいですよ。
・・・で家に帰って少しだけ検索。朝大の資料はなぜかみつからないのですが、トウチョウとは多分、等張性のことを言っていたみたいです。等張性=アイソトニック、血液や体液とほぼ等しい浸透圧・・・なので吸収しやすい。で私のうる覚えの記憶だと、このアイソトニックは運動前だと効果的だけど運動中は身体の水分がなくなって腸で水分を吸収するようになるので薄めた方がいいということだったと思います。

そんなこと最近ではすっかり忘れていたので水分補給もいいかげんでした。あらためて走る30分前にはアイソトニック飲料飲んでおかなくてはと決意

他には甲子園を目指す中学生の野球チームの栄養管理をされている方からたくさん食べても大きくなれない子がいるがどうしたらいいかという問いもありました。

先生から「両親も小さいのですか?」と聞かれ、「そうなんです。でもだからとは本人には言えなくて・・・。」
それは違う道をみつけて導いてあげてほしいというような答えだったと思います。なんだかかわいそう・・・でもそれが現実なんですよね。大人の私だっていまだにもしかして努力すればできるんじゃないかって思ってあきらめきれないことがあるのに。実はマラソンも、最初のころズッキイさんはプロじゃないんだからそんなにやらなくてもいいと言われてちょっと悲しかったし・・・。やるからにはそれなりの結果を残したいと思ったんですよね。楽しもうなんてなかなか思えなかった。だからまだ未来ある少年に君の身体はアスリート向けじゃないからマネージャーやってくれなんて言えないと思ってしまいました。

先生の講義の中では体脂肪が落ちると月経異常を引き起こすと考えられていたがそうではなくて食事でとったエネルギーよりも運動で消費したエネルギーが大きいと脳にまわるエネルギーが少なくなり月経異常を起こすということがわかってきたという話がありました。トレーニングするときはよく食べないといけないということですね。

偶然ですけど図書館で予約していた本がまわってきました。「王者の食ノート」、東洋大学と帝京大学のスポーツ栄養士をしている方の奮闘を書いた本です。やっぱりすごい仕事をされる方は相当な努力をしているんだなと思いました。同世代として自分の人生が恥ずかしくなる思いです。

「すべてのアスリートは、食によって持っている力をもっと発揮できる」「食に真剣に取り組むことでハードな練習に耐え壊れない体をつくる。そして自分はこれだけ取り組んでいるということが自信につながる。」今や食はトレーニングの一環のようです。私たちも同じなんじゃないかと思いました。どなたかが手作りは愛情と言う名のスパイスが入っているとおっしゃってましたがそうかもしれないなって私も思います。我ながら自分でつくるお弁当はおいしいしコンビニ弁当よりもバランスよくできます。疲労を回復して次の行動をより速くするためにちゃんと食べなければっていうのは私たちも同じです。特にトレーニングの後はすぐ食べることが大事。これも以前マラソン講習会で教わりました。それで私はいつも走った後は駅までの道で買い食いをしてるわけですけど・・・・

最後に活性酸素について、先生によると活性酸素は運動することで分解して除去される機能があるので運動することによって活性酸素を溜め込むということはないということです。それに活性酸素は悪いと言われているけれどそれだけが悪いのではなくたくさんあるなかの一つにすぎないのでそればかりに着目するべきではないとのことでした。また元々人間の体は運動することによってよく動くようにできている(例えばグルコースの運搬が増えたり)ので運動を継続して行うことはとても大事なことだそうです。

五体満足に産んでくれたことに感謝しつつ、強い体を食と運動でつくっていきたいと思います


スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

丸亀国際ハーフマラソン(帰路)

横を行くシャトルバスを恨みつつ、たったひとりのレース。

走れといっても、かなり限界に近い。
苦しい・・・今日のレースより苦しい・・・

行けども行けどもゴールが見えない

でも幸いなことはありました。
まず、今日のレースがフルマラソンでなかったこと。
さすがにフルのあとではこんなに走れません。
それから駅までの道が単純でままっすぐだったこと。
そして3.5キロとはいえ自力で駅まで行ける距離だったこと。

もう苦しくて泣けてくる
けれど泣いても私は飛行機に乗って帰れるわけじゃない
とにかく目指して走れ、走れ

ようやくもうすぐ駅というところでタイムリミットが切れてしまいました
あえなく14時38分の電車が発車してしまったのです

それでもとりあえず駅へいくしかないでしょう。

次の時間を見ると高松行きは15時7分、なんで38分の次が30分も空いてしまうんだよ・・・。
15時13分に高松からでる空港行きバスには間に合いません。

それで切羽詰まった私は駅員の人につかみかかるように
「琴平行きは何分ですか?」(実は反対側に書いてあったんだけど)
「14時44分の特急があります。14時57分に着きます。」
ラッキーそうそう、予習したじゃないですか。欲深い私が金比羅山に行きたいばかりに練った案、琴平から空港行きのバスは確か15時発。反対方向の電車に乗るしかない。
「それじゃあ琴平に行きたいんですけどこの高松行きの切符どうすればいいですか?」(とにかく強引な私)
「それはいったんお金を戻しますのであちらでもう1回買いなおしてください。特急料金が・・・」
もう43分じゃないか・・・
「飛行機に乗りたいんですけど、もう間に合わないんです。」(もう訳がわからん)
「それじゃあ後で清算してください」(イイ人だ)
スミマセン・・・

果たして・・・日本の電車はローカルといえども時間に正確
14時57分に琴平に着きました
ラッキーラッキー
「リムジンバスの停留所はどこですか?」(またまた強引な私)
「出てすぐ左です。」
とそこには停留所?というかそこしかそれらしき場所がなかったので、でも空港行きとは書いてなくて
列の人に聞きました。
「これは空港行きの列ですか?」
「そうです。」
と二人連れの若い方が答えました。
もう一人は小さな会社の社長さんみたいで答えてくれたのはその秘書(息子)かなと思いました。
社長が「そうですよ、これは空港に行くのにみんな待ってるんです。」
「ありがとうございます。」
ああなんとか空港までいけそうだあ~ ヤッター完走

この社長は気さくな方で私が自販機でジュースを買ったときにでたおかしな音に「最近の自販機は面白いねえ」なんて話をしてくださる方でした。
ところが、私ギリギリにここに来たはずなのにバスがなかなか来ないではないですか。。。
おかしい・・・おかしい・・・
そこにいたみんなが思っていたはずです。

社長がその場にいなくなったなと思ったら携帯電話で話してる声が聞こえました。
「今バスの停留所で待ってるんだけどバスがこないんだよ。どうなっているんだ?・・・今何時ですか?15時となってますよね?飛行機に間に合わなかったらどうしてくれるんだ!今20人もの人がここで待っているんだよ!!バカモン!!!」
と電話をかけてくれてました。

おお、さすが昭和の男、かっこいい(というかその電話、なんで秘書のきみがかけないんだ。)
何かトラブルがあったときすぐに行動できる人って大好きだし、尊敬します。
きっとバス会社では「うるさいオヤジめ」と思ったかもしれないけどその場にいた20人の人がどんなに安心できたか。私はイヤなことを言ってくれた社長にお礼を言いたいくらいでした。

バスがやってきてやっと空港に行けることがわかったとき、もう本当に泣けてきました
私は特定の宗教を信仰しているわけではないけれど、なぜか神様はいるんだと思えたら泣けてきたのです。数々の偶然が幸いして間に合うことができたこと、今日のレースではスポーツマンシップを実感することができたこと、あぁ身体全体が痛いのだけど身体全体が喜んでいるのだと思いました。

最後に帰りの飛行機でなぜか子どもの歌特集「アンパンマンのマーチ」を聞きました。
歌詞知ってます?

そうだ うれしいんだ 生きるよろこび
たとえ胸の傷がいたんでも

なんのために生まれて
なにをして生きるのか
こたえられないなんて
そんなのはいやだ

今を生きることで
熱いこころ燃える
だから君はいくんだ
ほほえんで

そうだ おそれないで みんなのために
愛と勇気だけがともだちさ
ああアンパンマン優しいきみは
いけ!みんなの夢まもるため


興味のある方は2番もぜひ調べてみてくださいね。
もう私は号泣ですよ

マラソン大会に行くといつも色々なドラマがあるのですが今回はまたちがったステキな時間でした。
長々と読んでくれたみなさん、どうもありがとうございました。

ポニピンのみんな、また名古屋でね








このページのトップへ
コンテントヘッダー

丸亀国際ハーフマラソン(本番)

さてさて、前日予定通り高松空港からバスで高松へそして電車で丸亀へ。

空港でのタッチ&ゴーにも慣れてきました。最近飛行機のチェックインにはバーコードが必要なのですがパソコンで予約するとカードでピっと通り抜けることができます。席も事前に自分で選べます。国内旅行は意外に通路側が便利ですよ。降りるときにスムーズですからね。羽田からは小型機で揺れのせいで若干酔い気味。金額は同じなのに帰りの東京行きは大型機で内装もキレイでイヤホンとかも違ってました。これって不公平な気がします。

丸亀ではポニ姉妹と合流してなんとか骨付き鶏を食べることができました。
フルマラソンの大会前では食べ物も気を遣ったりして肉はどうかと思ったりするのですが、今回はハーフなので何も考えることなく堪能しました。ちょっと辛かったけどおいしかったです。

朝はホテルから送迎バスで会場へ。
今回の大会はエリート選手と一般選手でスタート時間が15分ずれていて私たちは10時50分スタートでした。
結構有力選手が出ていて公務員ランナーの川内選手や箱根駅伝で活躍した選手も出ていたようです。

参加人数も1万人と多いです。関東地区からもたくさん来てるのかと思いきや600人弱くらいでした。結構物好きな人たち。。。制限時間は3時間とかなりゆるい設定となっています。

スタート順は特に制限はなく速く走れると思う人は前からという感じです。道が狭いのでなかなか前に進みません。ちょっとイライラが続きます。

今日の私はなかなか調子いいかも。GO!GO!金比羅山←まだあきらめてなかった・・・。

でもね、私以上に調子が良かったのはポニ姉妹です。タイムは2時間くらいかなとか、今回はそんな真剣に走らないよねえなんてスタート前に話していたのに思えばガチ走りでしたね。多分思いのほか調子が良かったのと気候もちょうどいいし、コースも道が狭いのが難点なのだけどそれ以外はそんなにアップダウンもないし・・・という理由から走りたくなったのだと思います。でせっかちな私はいつも先頭に行くのだけどガンガン追い越されてしまいました。最近いつもこのパターンな気がするので次回名古屋は一番後ろからスタートしようと思います(弱気

私は調子がいいといってもあの練習量にしてはまずますというくらいで
1時間54分8秒(ネットタイム)
後半がヘロヘロでラストスパートができませんでした。

勝負はいつも勝つ方が楽しいに決まっているんだろうけど
今回はポニ姉妹の健闘に心から拍手という感じでした。
以前テニスをしていた頃は試合をした後に必ず握手をするんだけど全然相手を祝福する気持ちになれませんでした。悔しい気持ちが残っただけ。でも今回は本当に同じランナーとして称えたいと思いました。ああスポーツマンってこういう感じなのかなってほんのほんの少しだけわかった気がしてうれしくなりました。

それにしても私と出会う人たちはみんな私をどんどん超えていくような・・・道先案内人ばかりしていていいんだろうかとふと思う今日この頃です。

レース後に香川に来てやっとうどんを食べることができました。
寒かったのでおいしかった
もはや金比羅山はあきらめていた私はゆっくりまったりしていたのですが、というのも当初の予定では電車の時間にはかなり余裕があって、その中途半端な空き時間をどうしようかと思ったくらいなのです。14時38分の丸亀駅発に乗れば高松駅に順調に行けるはずでした。

時計を見ると14時すぎ。この会場から駅まではバスで10分くらいだからそろそろ行きますかということでシャトルバスの場所へ移動

そこで仰天長蛇、長蛇の列ではありませんかバスも次々来るかと思いきやぽつりぽつり。。。
これを待ってたら間に合わない。。。
そして駅まではここから3.5キロと標識が・・・
またしてもローカルタイムを見誤ってしまった

どうすれば、どうすれば・・・
・・・走るしかないでしょう。
とはいえハーフを走ったこの身体で重たい荷物を持ってキロ6分は難しい
・・・でもやっぱり走るしかないでしょう。

この際タクシーなんだけど都合よく通らない・・・・・

途中までポニあねちゃんが一緒に走ってくれたんだけど、そんな私のために巻き添えにするわけにはいかずひとり走ることに決めました。

第2のレース開幕・・・


つづく

このページのトップへ
コンテントヘッダー

丸亀国際ハーフマラソン(下調べ)

この大会にエントリーしたのは遡ること昨年の9月。そして飛行機の予約は11月でした。本当は豪華寝台列車サンライズ瀬戸に乗ってみたかったのですが、到着時間が朝早くて堪能できないかなと思ったのと金欠のため早割りでとれば新幹線より安い飛行機となりました。

それでいつも思うのだけど大会に対しての想いが遠く離れすぎて計画が甘くなるのです。最低限のアクセスと宿を確保したら一息、そして目の前には以前エントリーした大会がせまっていてそれをこなしていく最近それだけでもすごいと思ってしまいます。日にちをまちがえてないか、時間通りに駅や空港に来れたか。私は仕事で転勤はあったけど出張というものはほとんどなく、けれど現在色々なところに出かけています。これは旅行というより出張に近いと思います。観光もできればもっといいのですが、毎回有休が金と月にとれて、その土地への想いが強くない限り「走って、帰ってくる」というのが基本です。余裕がないんですよね。精神的にも時間的にも金銭的にも。そして、出張と違って経費は自前ですから安くて、私にとって快適で、なるべく疲れないプランをと旅行会社の社員ではないけど旅行業務取扱管理者の私は計画をしているつもりなのですが。。。

ということで・・・今回も最低限の飛行機と宿は予約してあったので、それ以外のプラスαを2、3日前から(遅かったか)図書館でるるぶを借りて(セコい)検討・・・検討・・・検討

でわかったことは、香川県といえば、うどんに骨付き鶏そして金比羅山、できれば金比羅山の黄色い「金」と書いてあるお守りと犬の置物が欲しい。欲深い私は何て縁起のいいお守りなんだと思ってしまったわけです。
実際ここは五穀豊穣と海上の安全祈願らしいのですが。。。そして、このお守り785段の階段を上ったところにあるということです。

ふむふむ・・・と思ったところでアクセスを調べたところ、これが私の飛行機着14時では行けないことが発覚。
空港から金比羅山の最寄り駅、琴平までのバスがあるのですが、13時の次は16時って飛びすぎです。それじゃあ、走り終わってから行けるか・・・。琴平発空港行き15時。私たちが走る丸亀駅から琴平までは20分くらいだからどう?ところが本数が極めて少ない。10時50分から始まる大会でいくら頑張っても13時、会場から駅までバス。うーーん、14時すぎに琴平に着けたとして片道50分はかかるという階段を半分の時間で登って帰ってこれるか。。。ハーフのあと。。。
でもこの案は保留しておこうと思いました。

こうなったら前日は空港から高松に行くしかない。
そこから丸亀方面へは何かあるか?
坂出に東山魁夷美術館というのがあるではないですか。
どれどれ・・・とこちらも駅からのバスが13時を最後に次は16時ってどういうことなんだ
タクシーで行けばいいんだろうけど、今の私の収入からいってタクシーに乗るのはまだ10年早いと思っているので却下。

結局、どこにも行けないことが判明

敗因はまず、飛行機の時間設定が甘かったこと。早割りのJALで一番安い時間設定のところにしたのですが、JALにこだわらずANAにしてもう少し早い時間にするべきだった。

都会に住んでいると少し遅れても次の電車若しくは他のルートで行くことができるのに地方ではその1分が命とりになります。最近時間にこだわる私は少し空いた時間にちょっと行ってくることを考えてしまうので、それは通用しないことがわかりました。もっと早くからじっくり計画しないといけなかったんですね。(それはそうだ)それにしても電車の利用者は少ないのでしょうか。おいしいうどん屋さんに行こうと思っても駅から離れていてとてもすぐには行けそうにないんですよね。車必須という感じです。

何か、やっぱり流れている時間が違うというか・・・それがいいとか悪いとかではなくて、同じ情報をテレビとかで見て日本は景気がいいとか悪いとか、生き方に多様性がでてきたとか、別の国の話?見たいな、どうなんだろうって漠然と思いました。


ああ、長いこと道筋がズれたお話をしてしまいました。
行きます!行きます!!マラソン大会へ


つづく・・・



このページのトップへ
コンテントヘッダー

インフルエンザがコワイ

寒い日が続きますね。
みなさま、お元気でしたか?

私はちょこちょことしてまして(笑)なかなかマラソンに結びつくお話がなくて書き損ねてしまいました。


そしてこの週末、丸亀ハーフマラソン!!と今週も皇居で1回くらい走っておこうと思っていたのですが昨日職場の人がインフルエンザであったことが発覚。。。

そういえば私もなんだかくしゃみがでるし・・・ちょっと頭が重いような・・・なんて精神的に病に(意外と気が小さい私です)

急遽、皇居ランは中止

今までインフルエンザのことは知っていても身近な人がなったことがなかったのでちょっと慌てふためいています。風邪の免疫はあってもインフルでは太刀打ちできないよ

でもどうか私の体内に入り込んだとしても発症しないように頑張っておくれ・・・と祈りつつ
生姜をジャバジャバと入れて昨日からなべを食べています。

潜伏期間は3日くらいだからなんとか乗り越えてほしい。(乗り越えるよね


冬は気温が低くて走りやすいのですが、体調を崩す確率も大きいです。
特に頑張って走った後は免疫力が低下しているので油断禁物です。
私は身体が割りと丈夫な方で今まで風邪ひとつひいたことがなかったのに走り出してから油断するたびに大風邪をひいています。走ることが逆効果になっているんじゃないかと言われることもしばしばなのですが、そんなことはありませんそうやって身体をつくりつつ、免疫力も増やしながら日々強くなっているのだと思っています。


週末の大会に関してはもう「まな板の上の鯉」ですからね。
このまま行きたいと思います。


これからずっと大会が続きます。
何はともあれ体調管理です。
ムリをしない、よく食べる、よく寝る
イヤなことはやらない(ストレスはためない


最近雪がすごく降っているみたいですね。(雪かきとか大変そうです)
雪国の人のことを思ったら寒い、寒いとは言っていられないかもしれません。
明日も元気に起きて大会に備えたいと思います。



そうそう、今回予定ではポニピンメンバーが全員参加ですね
私は久々にポニピンTシャツ着ようかと思ってますよ・・・



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Author:ズッキイ

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。