コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

川崎国際多摩川マラソン

昨日からの雨もやみ晴天なり。

先週は超ハードスケジュールでしたがすべてをクリアして最後の砦、ハーフマラソンです。
昨日は大学で訳のわからない実験実習でヘトヘトになりその足で東京体育館へ。

疲れたからトレーナーくんになんとかしてもらおうと思ったのだけど意外に私の身体は疲れていない様子あれれ・・・気持ちの問題なのか・・・。
「眠れば疲れは基本的にリセットされるんですよ。後は軸がしっかりしていれば大丈夫」とあっさり言われて筋肉痛になりそうな腹筋やストレッチをやることに。。。「明日筋肉痛になっちゃうよ

今終わってみてやっぱりマラソンじゃない筋肉痛も来てるよこれ疲労が二重になってるような。。。


今回は職場で一緒に働いている親しい同僚と参加です。まあ、私がムリヤリ誘ったようなものですが駅で待ち合わせて会場までウォーミングアップがてら歩いて行きました。他愛もない話をしながら、でもこれで結構気持ちが上がってきて身体も温まり誰かと行くというのはこういう効果があるのだと実感しました。

受付でゼッケンと参加賞のTシャツとなんとドラえもんのファイルをもらいましたそうそう、ここ川崎は藤子不二雄ミュージアムがあるんですよ。Tシャツドラえもんにできなかったのかな・・・。

スタートラインの並び順は一応完走できそうな時間ごとに自主的に並ぶのですが、なぜか男子は左側、女子は右側に別れていました。なぜ?でも男子の参加人数の方がはるかに多いので女子の中に男子が結構混ざっていましたが・・・。そして間が詰まり過ぎているので後ろにさがれと言う。前に行くことはあっても後ろに下がったのははじめてです。

思えばハーフマラソンに出場するのは久しぶりで今回は時間がなかったのでどれくらいのペースで走って完走しようかという目標設定をする予定がなかったんですよね。とりあえず完走→調子が良ければガンバレくらいでした。
でも昨日トレーナーくんから疲労は眠ればリセットされてると聞いて安心したのか今日は調子が良かったのです。
おまけに同僚のおかげでスタートからしっかりスイッチがオンになっていました。イケるかも・・・

と欲をかいてみたのですが・・・。

しっかりとしたペース設定をしていなかったので、ちょっとペースが甘かったです。走りながらなかなか計算できないですもんね。1キロどれくらいで走れば完走できるペースはどれくらいかなんて。おまけに久々のハーフで・・・。なんて言い訳をしつつ。

最後までワタシ的には全力疾走、プラス、ラストスパートのつもりだったのですが

1時間53分10秒・・・あぁ

確か自己ベストは1時間50分きってたよな~

と思って家に帰って確認。なんと前回のハーフマラソンは2010年の駿府マラソンで、その時の記録1時間48分が自己ベストでした。

今年は大きなフルマラソンばかり狙って出場してたんですね。


でも本当は私はハーフマラソンは好きです。10キロは超スピードで走らなければならなくて苦しいし(せっかちな私はこちらも好きですが)、フルはもう長すぎて苦しい。ハーフはその点短すぎず長すぎず。集中力もとぎれない前になんとか終わるんです。


来年の予定で決まっているところがあるのですが、偶然ハーフマラソンをすでに2つエントリーしてます。次回はぜひレースペースを考えて自己ベストを狙いたいところです。楽しく走れば記録なんてこだわらなくてもいいんですよ、プロじゃないんだし。って言いたいところだけど記録はどうでもいいってことではないんですね。それは私の走ってきた成果でもあるわけで。その結果の理由を毎回こうやって記していくことが大事かなと思うし、そうやってガンバル過程で何かを感じること経験することが毎回参加賞と共にいただくご褒美なんですよね。そのご褒美のために次も走ろうって思えるんじゃないかなとも思います。


今日は暑くて、でも爽やかな秋を駆け抜けることができました~



スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

最近の言葉から

先週「行列のできる法律相談所」でトライアスロン大会の完結編が放送されていて菊池弁護士が男らしくてかっこよかったのでついつい見てしまった私ですがその最後にかりゆし58が歌った「オワリはじまり」という歌がとっても良くてすぐにダウンロードしてしまいました。ついでに今更ながらゆずの「栄光の架橋」も・・・。

それで先週1週間、帰りの電車でずっと聞いてました

もうすぐ今日が終わる
やり残したことはないかい
親友と語りあったかい
燃えるような恋をしたかい
一生わすれないような出来事に出会えたかい
かけがえのない時間を胸に刻みこんだかい


今日の反省と称して・・・なんて
何度かリピートしてやり残したことはなかったか考えてました


それから将来お金持ちになりたい私は(エヘ
カン・チェド著
忙しいビジネスマンでも続けられる「毎月5万円で7000万円つくる積立投資術」(題名長いなあ・・・)
なんて本も斜め読みしてました。

まあ投資信託をするかしないかは別として、ああすごい!!これだよねって私の中でつながったことが書いてあったので引用します。

・・・30年間積立て投資を続けることは、30年間同じことをくり返すのみではありません。
「継続」とは新たな発見の道程なのです。
人は同じことを続けることで、続けている行為そのものの「深い意味」を知るようになります。
またAという同じ行為を続けることで、実はAという行為がBという行為につながり互いに関わってCという発想を得たりするのです。これこそが「続けること」の威力でありことわざにある「継続は力なり」の真の意味なのです。・・・


すごく当たり前な文章なのだけどなぜか「そうなんだ。」と妙に納得してしまったのです。あきらめたら終わりだとか続けることは才能だとか言っていた人がいたように思います。だから続けることはツライしめんどうだし本当に好きなことでないと続けられないんじゃないか。ただ単にイヤイヤ続けているだけではダメなんじゃないか。とかとかいつもいろいろ思っていました。

でも続けるってことはそれ自体がすごいことで同じように続けているつもりでも何か新しいものを無意識のうちに身につけているんじゃないかってこれを読んで思ったりしました。それはもちろん毎回試行錯誤して考える方がいいのだろうけどそんなことしなくても続けていれば修行僧や天才と言われた科学者たちのようにある日突然ひらめいたりすることがあるんですよ、きっと。

マラソンも続けていくためのモチベーションが保てないとか、最初の頃は何もかもが新鮮で楽しかったけど経験済みのことはだんだん楽しみが半減してきて続けていけるのかなんて今でも思ったりします。


でもそう難しく考えずにとりあえずやっておこう。皇居を毎週1回走ればいいんじゃないかって思いました。モチベーションとか難しいことはぬきにしてとりあえずやっとけば「継続は力なり」なんだなと。

・・・ということで私は大阪マラソンからなかなか走り出せなかった日々を打ち破るため今日は皇居に走りにいきました。走るの楽しくて、なんてのはウソです。3周か、早く終わらないかなって思いました。でもとりあえず走ったもんねというところです。来週は今年最後の大会でした。ハーフなんですけどね、来週は公私共に超忙しいんです。でもそんなことは誰にもわからないように爽やかにゴールしたいものです。


またすぐ明日に変わる
忘れてしまっていないかい
残された日々の短さ
過ぎ行く時の早さを
一生なんて一瞬さ
命を燃やしてるかい
かけがえのない時間を胸に刻み込んだかい






このページのトップへ
コンテントヘッダー

大阪マラソン3

走り出してからなかなか気持ちが盛り上がらないのは問題です

やっぱり調子が悪いなあと思いました。今日が北海道だったら絶対走れなかったなと思ったくらいです。
まずは20キロまでゆっくりじっくりがんばろうと思いました。

私の気持ちとは裏腹に沿道の応援は一段と大きくて、自分はオリンピックの日本代表なんじゃないかと思うくらいの応援をもらいました。こういう経験ってなかなかできないと思うんです。だから本当にありがたいなと思いました。

私は1キロ6分くらいのペースで走っていました。でもわかる、なんか調子が悪い。だってこれ以上ペースを上げることが不可能だったから。このペースをいつまで続けられるだろうか。20キロを過ぎたときにはまだいけるという感じでした。調子が良ければこの地点ではまだまだいけると感じるはずです。なんとか30キロまで走り続けてくれと思いました。次第に1キロが長く感じられるようになるねばってお願い・・・。

大阪マラソンのコースは折り返しが多い。前を走る人とすれ違う機会が多いのだけれど、これが結構疲れたりします。あの人たちが走ってきたコースを私は今から走らなければならないんだなと感じてしまうからかな。25キロを過ぎるころからやっとゴールへ向かってまっすぐに走っていきます。

30キロまで走れたら、最悪あと早歩きすれば5時間でゴールできるなんて打算的なことを考えていました。それから、給水が2.5キロごとにあったのには助けられました。5キロではとっても長いから。
なんとか30キロまで私の脚は淡々とペースを刻んでくれました。あと5キロいけるかな。。。あと5キロいければ4時間30分で入れるよ。もうずっとそんな計算ばかりをしていました。

35キロまで来たとき頑張ってきた身体がとうとうダメだと言ってきました。脚が止まってしまった。。。
ここからが本当に辛かったもうフルマラソンは走りたくないと思ったくらいです。(っていつも思ってるのかもしれないけど)ここで辛くなるのがイヤで練習してきたはずなのに・・・無念でもここであきらめてはいけない・・・というか今日は新幹線に乗れなくなっちゃうよ。こういうときにいつも考えることがあります。「どんなに遅く走っても歩いてしまう人よりは絶対早い。」

だからフォームとかなんとかもうどうでもいいからとにかく走ろうと思いました。全く動けないほどの重症ではなかったから、ここからが私の本当のマラソン大会。かっこ悪くてもいいからとにかく走ろう!!!

ガマンしてたら少しずつ走れるようになってきました。あと4キロ、あと3キロ、人間て終わりが見えてくると別のパワーが出てくるみたいです。不覚にもたくさんの人に抜かれてしまってラストスパートもできない状態だったけど最後の35キロからのラップはなんとか7分ちょっとで走りきったみたいです。

手元4時間22分46秒

今回はちょっぴり脚にもキテ身体もヘロヘロでもまだ新幹線の時間までは余裕があることがわかってひと安心と同時に早く着替えなきゃと重い身体を前へ進めました。私にメダルをかけてくれたのはボランティアのおじさんで
私の両肩を2回叩いて「よくがんばったね。」と言ってくれました。今回は頑張ったのか微妙な気がして、けれど素直にうれしかったです。その後放心状態の私に袋が手渡され次々とボランティアの方々がその中にバナナやらパンやら(ゼリーも入ってた)水を入れてくれて最後にエアーサロンパスももらいました。手際、本当に良かったです。

後は早く着替えて新大阪へ向かうだけ。
荷物が重たい上にさっきもらったお土産もずっしり。。。14時15分くらいにインテックス大阪を出たけれど駅までの道は案の定渋滞。時間にはまだ余裕があったけどここは急いでおかないと駅は思ったより人がいなくてやってきた電車にスムーズに乗ることができました。

それでもすべてをやり終えて新大阪の新幹線ホームに辿り着いたのは出発の10分前くらいでした。
ああやっとこれで今回のすべての課題がクリアされたと思うと一気に疲れが・・・決められた時間に間違えずに遅れずにやり遂げることって大変ですね。今回のマラソン大会はまさにタイムマネジメント・・・仕事の延長線上にあったような気がします。せっかくの第1回記念大会だったのに。何やってんだ私は、とほほ

そして翌日(昨日)は朝から仕事に行きましたが、これはあんまりだと思い午後から早退(いやいや有休)することに。
同僚からは「自由人だね」と言われましたが「だって先週すごく働いたもん(だから大阪走れなかったじゃん)」と私しかわからない言い訳をして・・・ホントに疲れたんです。

次回のフルまではしばし充電・・・ですね

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Author:ズッキイ

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。