コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

今年を振り返る

あっという間に1年を振り返る日となってしまいました

引越しも無事終了しまして・・・まだいろいろ問題はありますが。。。
でもまあ今年のプロジェクトも終了です

引越しがらみでいろいろとイライラしていて、今日は落ち着いたので久々に走りにでました。歩道をずっと走って行くコースですが、歩道は広くて走りやすかったです。これでなんとかトレーニングコースも確保。

帰ってくると管理人さんがいらしたのでごあいさつ、昨日からの業者さんの対応に一緒に悩んでくださったので顛末をご報告・・・と対応の悪さについて論議

「それはプロではないはよねえ。あなたも仕事をしてるからわかるでしょう。どんな理由があるにせよ仕事だったら言い訳をしたらいけないわよ。男なんだからちゃんとしてほしいわよね。」

と力強いお言葉。

最近あきらかに私の方に非はないはずのなのに抗議すると逆ギレされることがあります。こういうとき女だから甘く見られているのかなとか、私の方が悪かったのかなどとストレスをためてしまいます。1人で生きていくのってタイヘンだな・・・でも管理人さんの言葉で少し救われました。困ったときは誰かにHELPは大切ですね。
年明けに報告をしてもらうことも約束しました。

今回の一件でイライラしたけどこれから長いおつきあいになる管理人さんとお近づきになれたことは返ってよかったかもしれません。それに久々に走ってスッキリです。

前置きが長くなりました。
さて、今年を振り返ってみると本当に色々なことがありました。

まず、大学に入学したこと。
今年はなかなか単位がとれませんでしたが、久々のスクールライフはなかなか楽しかったです。

それから、朝大学なんてのも行きましたね。田植えをしに行ったり、マルシェっていう直売所があることも今更ながら知りました。農業のイメージも少し変わりました。

パーソナルトレーニングも月1回始めました。
昨日トレーナーくんから「始めたときとは天と地くらいに身体が変わってますよ」って言われた・・・。多分レベルが低すぎるんだと思います。

塩谷哲さんのファンクラブに入ったせいで追っかけ気味にライブに参加。
年末のソルティッシュナイトもいい席で楽しませてもらいました。

総合旅行業務試験に合格しました。
朝カフェで仕事の前に勉強した甲斐がありました。マラソンを完走したときと同じような達成感です。

そして約1年間温め続けてきた今回の引越しも無事終了です。

・・・でこの合間を縫って?(というわけではないのですが)マラソン大会に参加
駅伝3回、ハーフマラソン2回、フルマラソン4回(北海道はリタイアでしたが・・・)
海外こそなかったものの長野や北海道、奈良など遠くの大会にも参加しました。

ホントに楽しかったです

体調を崩して走れなかった大会もあったけれど、いつもその大会に向けて調整をすることは日々の生活にメリハリができました。今やらなければならないことは何なのかと考え、こなしていく作業はツラくもありなのですが、やり終えたときの達成感は格別です。神様は結構平等です(笑)

今年はよく頑張ったなあと我ながら思います

来年はどんな戦略を練ろうかと実は考えているヒマがなくて、お正月の3日間くらいゆっくりして考えてみようと思っています。来年はどんな扉が開くのか楽しみです。

今年お世話になったたくさんのみなさま、どうもありがとうございました。特にマラソン関係ではいろいろな大会に引っ張っていってくれたポニピンのみんなに感謝です。


来年もどうぞよろしくお願いいたします


スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

箱根駅伝4区を走る

今年も残り少なくなってきましたね。

今年もいろいろあったなあと振り返りたいとこですが、それはまた後日ということで・・・。
ポニ活今年度最後のイベント箱根駅伝4区を走るイベントに参加してきました。

毎年お正月恒例の箱根駅伝ですが、自分が走る前は本当に興味がなくてそのチャンネルとテレビを父に占領されるのがうっとおしい限りでした。「何が面白いんだろう?」と。でも最近では時間があえば箱根駅伝に限らず駅伝をよく見るようになりました。「今苦しいんだろうな」とか「調整はうまくいったんだろうか」とか自分より遥かにレベルの高い選手たちに勝手に自分を重ね合わせて(笑)緊張しながら見てしまいます

そんな箱根駅伝の4区(平塚中継所~小田原中継所)の18.5キロ区間を走るというのが今回のイベントです。箱根駅伝のコースって色々とドラマがあるのですね。昨年みた映画「風が強く吹いている」でもありましたが、花の2区なんてことをよく聞いたりします。距離が長く後半の坂道もあり強い選手はここで抜いたり後ろを離したりするようなドラマがあるんでしょうか?(でも各大学共にエースをもってくるんでしょうけど)後は山登りをする5区はいつも有名ですね。箱根駅伝ならではです。

この4区は距離が一番短いのでいかに速く走って逃げきるかという、なんとなくせっかちな私は向いているのではないかというコースです。ちなみにこの距離の区間最高記録は55分04秒ということですからものすごい速さでかけぬけていくんですね。

私たちはもちろんゆっくり2時間くらいで走りました。
すぐ横を車が走っているので排気ガスが気になったりしましたけど、走っていて気持ちいいなと思いました。もっともっと速く走りたいと思った。できれば車道を(笑)

この前3人で奈良は42キロ走ったのでそれに比べたら18キロは短くて気持ちよかった。
うん、確実に私の身体も進化してる・・・。

ホノルルマラソンに初めて参加した3年前のことをいつも思い出します。この日一緒に走ってくださった湘南ベルマーレの中島さんとはホノルル以来のご縁です。練習では2キロくらい走るときまってヒザが痛くなって「どうしたらヒザが痛くなくなるのか?」と何度も聞きました。その度に「練習のしずぎだから休むことだ」と言われ「いや、練習なんてたいしてしてない。」とくりかえし、ムキになる私に「楽しく走る」ことが大事だと教えてくれたのは中島さんでした。

これから走りたいと少しでも思っている人がいるとしたら、あと1歩勇気をだして前にでることをオススメします。いつもこの時期になると思うのですが・・・。人生が変わるかもしれないと思って勇気を出して参加したホノルルマラソンは確かにそれだけでは変わらなかったけど、なぜかあれからずっと充実した日々が続いています。新しい扉がいっぱい開いたなぁと。


さて、そんな私の今年最大のプロジェクトに向けて最後の追い込み(笑)

引越ししまーす!



このページのトップへ
コンテントヘッダー

奈良マラソン2010

大会ではめずらしく眠れた私はいつになく体調がいいと思いました。

さてさてミニーに変身してポニピンチームと合流です。

「かーわいい」って他の選手たちが言ってくれました。
この衣装、ミニーに中でもスカートが短くてふわふわしているのでなかなかかわいいのです。
そして4人もミニーがいるとスゴイ(笑)です。

ポニヤマさんはDスタートということで先頭で頑張ってもらうことにしまいました。私はEであとのふたりはFスタートだったのでわたしもFからスタートすることにして3人仲良く後ろから走ることにしました。

「今日はファンランだよね」

ミニー3人娘(途中からそう呼ばれることが多かった)は最初から大人気でした。時折「ミッキー」と言われても否定せずに笑顔で手を振り「ミニーーちゃん頑張ってー」という子供たちの声援に応えました。「かわいいー」っていつもは言われない言葉に戸惑いながらもミニー3人娘は楽しく走っていきました

先行するポニヤマさんは遥か先を走っていてすれちがう時に手を振りました。ポニヤマさんと2回目にすれちがった時は随分と差がついていて、なかなか折り返しが見えなかったのでポニヤマさんは相当な速さで走っていったんだねえと3人で感心していました。

私たちはといえば、「また上りぃうへぇー」と言いながら「ミニー」と言われれば手を振り笑顔そうやって3人で乗り越えて走りました。このコース、アップダウンが激しすぎです。

最初は3人でずっと行くことは想定していませんでした。各自の体調やペースもあるだろうし、そのうちひとりひとりになるのかなあって思っていたのです。でも「ミニー3人娘」と言われるたびにもう離れることはできなくなってしまったような気がして団子になって走りました。トライアスロンのバイク種目のように(ちょっとちがうかしら?)誰かが前にでて引っ張り、時に弱気な心を励ましあいオーバーペースにもなることもなく、でも誰かのペースに合わせて気遣う必要はありませんでした。

上り坂は自然にスローペースになるし30キロを超えても35キロを超えても誰もがペースを落とさずに走れた。そしてあと5キロからのカウントダウンでは自然にペースが上がっていったように思います。にもかかわらずまだ話せる余裕がありました。あと2キロのところで「今回はこんなコースなのによくやったよね」と早くも勝利宣言

走り出した頃、3人で一緒にゴールしたらいい写真が撮れるねって言ってたことがもう目の前にせまっています

最後の1キロはキツイ上り坂でしたが沿道の応援がひと際背中を押してくれました。右からも左からも「ミニー!」「ミニーガンバレ!」と声がとびました。私たちはまだその声援に応えるだけの体力が残っていてちょっとしたアイドルになった気分でした。

「すごい!大人気だね。」

運動場に入る前にゴールするときのフォーメーションを決めて(笑)3人横一列に並んで最後の力走です。
途中高橋尚子さんがいて思わず握手、そして一目散にゴールへ

いつものやつね、せーの、ジャンプ

ネットタイム「4時間58分3秒」3人とも同じタイムです。ああなんてステキな42キロだったんだろう。今まで何度か1人で走ったフルマラソンよりミニーで3人走ったこの大会は最も思い出深い大会になりました。本当に楽しかった

ポニピンメンバーやすべての人にありがとう

そうそう1人先頭で頑張ってくれたポニヤマさん、体調は大丈夫ですか?
あのコースであれだけ速く走れるのってスゴイよ。
みんなでポニヤマさんが前からやってくるのを随分前からガン見してたんだよ。予想どおり速くやってきてびっくりした。本当におつかれさま。

みんなおつかれさまでした~





このページのトップへ
コンテントヘッダー

奈良マラソン~大会前の不安~

宿泊と交通手段を確保したところで、もうあとは大会へ向けて思う存分練習するのみです。

・・・とこの夏の時期から私のスケジュールは過密気味で次に何に集中するかというところで(正直なところ今もそうですが)練習だけに集中することは不可能でした。

それで前回のしまだマラソンでは途中で大きく体調を崩したので、今回は慎重になりました。
なんといっても今回の大会では重要な使命が。

ポニピンチームは全員ミニーに仮装してフルマラソンを走るというものです。
最初は半信半疑だった私もミニーの衣装を目の前にして、やるからには最後までミニーでなければと、つまり笑顔でゴールまで走り続ける体力がなければいけないとプレッシャーを感じていました(笑)

大会の前の週に人間ドックを受けました。異常はこれといってなく一安心でしたがかなり疲れてしまいました。内視鏡の検査でゲーゲーしてしまう私を見た先生が胃には異常ないけどあなたが心配だと(何のこっちゃ

おまけになぜか夜遅くなる仕事が続き、せっかくの体調管理がすべて水の泡・・・と思ったので金曜日にトレーナーくんに見てもらうことにしました。

体が疲れていてこのままだと体幹と手足がうまく連動しなくて手足だけで走ってしまうような悪いスパイラルに陥っていると。よかったぁ、無理してここにきて。早く治してくださーい。

ギリギリだったけど間に合ったみたい


午前中の用事も滞りなく終了し、こだまに乗って出発。

新幹線の中では時間がかなりあったせいで奈良マラソンの予習ができたし、久々にゆっくりと色々なことを考えることができました。ボーっと妄想もできたし。

明日はなんとかなりそうな予感・・・

つづく・・・


このページのトップへ
コンテントヘッダー

奈良マラソン~アクセス編~

今回はいっぱい書くことがあります。
ちょっと覚悟して読んでくださいね(笑)

・・・と思ったけど分けて書くことにします。
大会へのアクセス編  から

地方大会に出場するときにまずしなければいけないこと、それは宿と交通手段の確保です。

宿の確保はエントリーと同時に行わないとすぐにいっぱいになってしまいます。にもかかわらず今回は油断していたらすっかり埋まってしまって正直あせりました最近では宿の予約も早割りがあって宿泊は12月だというのに8月の段階ですでにどこもいっぱいでした。紅葉シーズンや特に奈良県は平安遷都1300年行事も重なってどこもいっぱい。。。

困った・・・とずっと探していたところ、JR奈良駅すぐのビジネスホテルが予約は3ヶ月前の1日からでないと行わないというところがありました。確認したら9月1日の朝一で電話をもらえれば確実にとれるとのこと。必死で朝から電話しましたよ。すんなりOKでした。スーパーホテルLOHASというところです。

ラッキーなことにここは会場にも歩いていける好立地で、しかも温泉がついていました。そしてお値段もかなり安い。シングルルームで6980円でした。私の部屋は10階で夜景がきれいに見渡せるところでした。すぐ目の前に日航奈良ホテルがあるのですが、こちらはかなり高いのです。シングルだと1万円は超えます。本当は日航ホテルも好きなのですが、それはもっとゆっくりできるときに。

で、このホテル、必要なものはすべてあるのにいらないものはすべて削ってあるのです。まず部屋の中に、湯を沸かす道具とマグカップがありました。細かいけどこれは私にとってはかなりありがたいです。コーヒーが飲みたいなって思ったときにすぐに飲めるし味噌汁も飲めます。それから便座が温かい。冷蔵庫もちゃんとある。ベッドの真正面に壁に備え付けの32型くらいのテレビがありました。おかげで前の晩はリラックスしてちょうどやってたFNS歌謡祭を見ながらいつも眠れない私が眠ることができたのです。それに加えてホテルに温泉があるのは本当に素晴らしいホテルといえばユニットバスでシャワーで汗を流す程度しかできないのにこれは本当に有難かったです。おまけに簡単だけど朝食ブッフェが無料です。・・・安いホテルではこんなサービスは全部ありません。

このホテルにないもの、それは部屋の鍵です。カードもありません。毎回暗証番号を押して中に入ります。チェックアウトをしようと思ったらそれも必要ないとのことでした。部屋で有料の物は何一つ置いてないからです。かなり感動して、こんなに長く書いてしまいました。

そして交通手段ですが、奈良へ行くにはまずは京都に行かなければなりません。どうやって行くかですが、色々あります。関東方面からだと高速バスも出ているけれどマラソン大会のことを考えるとこれは新幹線しかないなと思いました。しかも指定席じゃないと、まさか立っていくのは勘弁です。

交通機関の予約は電車の場合だいたい1ヶ月前からです。なるべく安くあげるには、やっぱり「ぷらっとこだま」ですかね。指定席だしジュースも1本もらえるし。と思って少々遅れてから申し込んだところ、帰りはすでにどこも満席。うぅ、またもや遅れてしまった行きだけをとりあえず確保して

さてどうしたものか・・・・。

仕方なく「のぞみ」よりは安い「ひかり」で指定席をとろうとしたところ、「早特きっぷ」というものがあるということがわかりました。東京からだと名古屋から先で使えます。こちらも1ヶ月前から1週間前まで発売です。こちらは幸いまだありました。通常よりかなりお得です。

でもこれらのお得な切符も電車遅延などがあると真っ先にダメージを被るので注意が必要です。まさにその時間でその区間でしか使えないからです。乗れなかったから次の電車の自由席でということはできません。途中下車ができなかったり違う駅から乗ることもできません。それはある意味賭けですが、今回も運よく順調でした。ぷらっとは「こだま」なのでかなり時間がかかったことを考えると帰りは「ひかり」でよかったと思いました。

京都から奈良へは近鉄とJRがあります。普通に新幹線の切符を買う場合は乗車券を奈良までにしておくとその分がお安くなりますが単独だと近鉄の方が安いです。今回の会場が近鉄に近かったことから迷わず近鉄で奈良に向かいました。

午前中に用事があった私は奈良にやっと着いたのはすでに暗くなった5時半、でもたくさんのボランティアさんたちが道案内をしていてなんとか受付終了。その後ポニピンチームのみんなとも合流できました。今回はそれぞれの宿へ、明日の健闘を誓って解散です。

つづく・・・


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Author:ズッキイ

カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。