コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京マラソン

朝4時起床・・・というか起きれるか不安で一睡もできなかったです

体調悪しでもそうは言ってられない、気合でGO暗い中駅まで走りました

新宿駅はまだ人がまばらでボランティアの皆さんが少しずつ集まっているところでした。

それにしてもすごい雨です。ランナーにとっては寒いしうっとおしい・・・本当に気の毒だなあと思いました。

私はバナナ配給係りでしたが、ギリギリまでランナーの皆さんが取りにやってきました。今日の天候では何度もアナウンスでせかされても集合場所に行く気持ちになれないのでしょう。締め切りだと言っているのにまだ荷物を預けていない人もたくさんいてこちらが心配してしまうほどでした。それにしてもバナナ、もう見たくないほどいっぱい配りましたよ。「いただきます」とちゃんと言ってくれる人や「ありがとう」と感謝の言葉を述べてくれる人もいました。私もいつも以上の笑顔で「頑張ってください。」と声をかけさせていただきました。

ランナーのみなさんが整列したところで私たちもスタートラインに応援に行っていいとの許可がでました。
雨が強くて、あと3分がとても長くて、ランナーの皆さんが本当にかわいそうでした。

スタートと同時にあっという間にランナーの皆さんが通り過ぎ、思ったよりスムーズなんだなと思いました。途中で止まるとか、歩くとかいうことは最後のランナーまでなかったと思います。

それから戻ってお掃除をして私たちのボランティア活動は終了しました。
「みなさんのおかげで3万5千人のランナーが無事スタートをきることができました。」
とボランティアリーダーから言葉をいただきしばし感動

ボランティアの方にもいろいろな人がいますが、基本的にはイイ人が多いと思います。

一緒だった女性が「私は膝が悪くて走れないから、来年もボランティアがやりたい。」と言うので、私は「少しずつでも走ってみてはいかがですか?フルマラソンだけでなくて10キロもありますよ。」と言うと少しその気になってくれたようでした。

私にしてみたら走る方が楽しいに決まってるじゃんって心のどこかで思っていて、そんな来年も裏方を最初から希望する必要ないんじゃないかという気持ちでしたが・・・。彼女は私に「来年は当選するように祈ってますよ。」と帰り際に言ってくれました。「私の当選祈ってくれるんですか?」

エキスポの説明会で出会ったおじさんも「走るんですか?」と聞いたらお腹を指差して「メタボだからダメだよ。」って。

落選したからボランティアではなくて純粋に「ボランティアをやりたい」と言ってくれる人たちって本当にイイ人なんだなあと思いました。

それから、知らない者同士、今日出会ってもう2度と会わないかもしれない人たちとほんの一瞬すれ違うときってなんだかとても心地の良いものでした



さてと・・・今度は我らがポニピンチームのポニヤマさんの応援に行かなくては。

ポニピンチームの2人と合流してポニヤマさんには32キロ地点で初めて出会えました。おお・・・ポニヤマさんかなり元気でいけてますペースも同じ・・・すごいなあ。この雨の中走ってきたのにとっても楽しそうでした。

予定通り次の豊洲でも応援をして、ゴールまで私たちも歩くことにしました。残り4キロはランナーにとっても最後のツライ道、そして東京マラソンはここにきて坂なんですよね。自分が走るときはいつも本当にツラクて「あともう少しだ」と言われても「そんなのウソだ」と思ってしまう(笑)ああ、でもここを乗り越えてこその感動なので、ランナーの皆さんには頑張ってほしいなと思いつつ歩きました。


私たちはというと「来年はあちら側の道に行きたいね」
歩道を歩きながらやっぱりランナーになりたいと思う私たちなのでした

東京マラソンに参加されたみなさん、お疲れ様でした
明日から仕事ですけど、今日の疲れに後悔はありませんよね
気合でGOです。
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京マラソン前夜

いよいよ明日は東京マラソンですね。

天気はイマイチですねえ。今日も雨でしたが、私は明日は走らないので今日は練習しておかなければと駒沢公園ナイキランクラに行ってきました。さすがに人数が少なくてフリーランとのこと。でもアドバイザーの木村さんがキロ5分で走るというのでついていくことにしました。

キツイです。女子は私ひとりでした。(ていうか女子の参加も少なくて)
途中からペースアップ・・・私はアップアップでした(笑)

でもいい練習ができました。たまにはキツイ練習もしませんと。ひとりではなかなかそこまで走れません。

さてその後ボランティアウェアを受け取りにエキスポに行きました。
スゴイ人で前に進めず・・・時間がなくて今年はあまり見れませんでしたけどかなりの熱気でした。

明日は新宿駅から都庁周辺はランナーと関係者以外は封鎖されるそうです。
ちょっとワクワクですねえ。私はのんきに都庁1階でバナナとみかんを配る係りです。
今年はパンは配らないそうです。走っている途中にまわしたらしいので走りながらもらってくださいね。
ボランティアが終わったら応援活動もしたいと思ってます。

明日は5時の始発に乗って会場まで行かなければなりません。
こんなに早い大会初めてですけど・・・とてもワクワクしてます。

出場されるみなさん、応援してます。頑張ってください








このページのトップへ
コンテントヘッダー

青梅マラソン

昨日ラクにしてもらったおかげか今日は最後まで気持ちよく走ることができました

記録2時間50分31秒(手元時計

でも青梅マラソンって本当にすごい人ですねえ最寄り駅がパンクしてました(笑)

スタート地点まで本当にヤル気がわいてこなくて、いつもならもっと前からスタートしようと思うのになんとなくこの辺でいいか・・・なんて・・・かなり後ろからのスタートになりました。おかげで大渋滞、道も狭くて止まってしまうし、「もおーーーっ」って思った瞬間にスイッチが入ったようです。

なにしろ最初の1キロのラップは6分26秒ですよ。このタイムロス、どうしてくれるんだあおまけにその後も給水で水がなかなか渡されずにロス・・・道幅が狭くて前の人を抜けずにイライラ。なかなかこの状態、解消されませんでしたね。もっと前からスタートすべきでしたか・・・。

走りながら、エネルギーがきれたらどうしようかとずっと思ってました。私、意外と平気と思っていたんですけどなんとなく兆候があるんですよ。ヤバイかもって。最近少しペースが以前より速くなったせいかなと思います。最後の5キロくらいまで気がぬけませんでした。私設エイドのみなさん、ありがとうございます。助かりました。

最後の5キロはペースアップして走れました。もう自分でもただただ驚くばかりです。30キロのゴールが目前という最後の1キロがベストラップの5分1秒です。30キロ近く走ってるのにまだこんなに速く走ってるなんて

それなら中間部分がもっと速く走れたんじゃないかと思いもしますが・・・苦しいところもあったんですよマラソンって「苦しいところ」と「楽しくなってくるところ」、「ラクに走れるところ」があるような気がします。楽しくなったりラクになったりするまでじっとその機会を待って耐えるみたいな・・・不思議とその時はやってきますあきらめてはいけません。

・・・30キロまでは気持ちよく走れるようになってきました。その先12キロをどう走るか・・・とても難しいです。でも継続していくことでだんだん体が慣れてきたことを思うと続けることがやっぱり大切だなと思います。

これからもゆっくりだけど少しずつ前に楽しく進みたいですね。

ポニヤマさん、お疲れ様でした。ゆっくり体を休めてください。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

念願の・・・。

2週間ほど前にランニングイベントで知り合った方から「ヤル気があるなら紹介するよ」と言われ、あれよあれよという間に決まってしまい・・・今日はその初日。ポニヤマさんに指摘されてしまいましたが、今年の私の新たな試みのひとつ「パーソナルトレーニングを受けてみる」・・・ということで行ってきました。

担当トレーナーさんは若いけれど「体の仕組みの面白さ、深さにはまってしまって。」と言うくらいで、なるほど、私が今までに話を聞いた人たちのなかでは一番納得のいく答えをいただけたと思います。

まず、「姿勢を見ます」とのことで鏡の前に立ちました。マラソンを始めてから姿勢は良くなったつもりです。(まあまあ真っ直ぐでしょ)それからうつ伏せになったり仰向けになったり、そして私の体スキャンは終わったみたいでした。・・・そして驚愕の事実が・・・・。

「人はそれぞれ体にゆがみがあります。」
(はいはい、今までにも何度も同じようなセリフを聞きました。)

でもね、ここまでだったんですよ。ゆがみはあるから仕方がないと・・・。

「ズッキイさんの場合、右足が左足よりも長いんです。(えっ)右足で立つより左足でたつ方がいつもバランスが良くないですか?(そのとおりです)これは骨の長さが違うとかそういう問題ではなくて筋肉の硬さのバランスによってゆがみが生じているからです。骨盤も少し曲がっています、右肩が少し上がっていて頭が少し右に傾いている。という感じです。(曲がりすぎだなあ。)それではまず本題に入る前に少し体を緩めていきましょう。」

(右足が長いから右足で蹴っちゃうんだ、きっと・・・)何だか今までの疑問がすべてつながったような気がしました。

そして以前スポーツマッサージで受けたように体を伸ばしてもらいました。

「これで、今両足が同じ長さになったはずです。片足で立ってみてください。」
おおーっ右でも左でも同じように立てるぞ

「はい、体が真っ直ぐになったところで、それではこれから筋トレにはいります。」

この後、家でもできる4ポーズを教わりました。腹筋や背筋、腿、背中をきたえるもので、思わず汗が出てきてしまうほどキツイものでした。でもなんだか本格的なアスリートみたい

「ランナーであっても筋肉は必要なんですよ。」

私はリクエストとして脚が細くなりたいと付け加えました。
「どうやってもダメなんですよね。」

「本来なら走ることによってランナーは脚が細くなるはずなんですよね。ズッキイさんの脚の筋肉はあるんだけれども中で眠っているのかもしれない。それを活性化させてあげればいいんですよ。確かに体質というものはあります。けれど体質を変える方法はありますよ。」

なーーんとそれが知りたいところなんだけど、一度にあれもこれもはやるのはムリみたいで、とりあえず教わった4ポーズをしっかりやると。それから筋トレは毎日ではなくて2日おきくらいの方が効果があるらしいです。

「明日の青梅マラソンはラクに走れるようにしておきましたから。」

それはありがたい明日は全く自信がなかったんだけどそう言われて少し自信が持てました。このトレーニングの前に代々木公園でかなりハードに10キロ走って疲れていたんです。でも体を伸ばしてもらって筋トレしたら疲れるどころか体が随分軽くなりました。走った後に栄養をとったり休養したりするのも大切だけど必要な筋肉を動かしてあげるだけでこんなに疲れがとれるなんて、本当に魔法みたいでした。

とはいえ今日はハードスケジュールで色々な人に会ってそれなりに疲れてしまったので明日に備えて早く寝ます。

「明日の走りがいつもと違っていたか教えてくださいね。」

はーい・・・心配なのはせっかく真っ直ぐになった体が私の偏った走りによってまたもとのゆがみに戻ってしまうことです。でも何度もやり直して筋肉さんたちに真っ直ぐの状態を覚えさせないと。それにはかなり時間がかかりそうです。

ズッキイの肉体改造、乞うご期待


このページのトップへ
コンテントヘッダー

どうにもならないこと

半年に1度の眼科定期健診

私、実は、網膜はく離予備軍なんですよね。理由はわからないけど網膜が薄くなっているらしいんです。両目ともだから何かにぶつかったとかではなくて近視のせいだと思います。網膜はく離に完全になってしまう前の兆候がないかどうか調べるために健診をしています。テニスをしていたときはボールが顔にぶつかったらすぐに来てねと言われてました。

それで2月と8月は健診をすることにしています。眼科の患者さんは高齢の人が多いです。そしてその症状も深刻。診察室から聞こえてくる話を聞くたびに「定期健診は怠ってはいけない」といつも思います。

検査のために最初に瞳孔を開く目薬をするのですが、これをすると近くの字は全く読めなくなります。この状態が診察後もけっこう続くのでこれはホントにツライです。こんな状態が日常だったとしたらと考えるとぞっとします。年齢を重ねると誰もが老眼になるけれど、それもかなりのストレスなんだろうなと思います。

私の診察はいつもあっという間に終わってしまうのだけど(今回も異常はなし。)でした、ホッ

今日は気になるレーシックについて聞いてみました。それってどういうものなの

聞くところによると近視が治って裸眼で見える・・・夢のようですね。

「先生、レーシックってどういうものなんですか?」

「近視というのはピントがうまく合っていない状態。それを合わせるために眼鏡やコンタクトでその角度を調整して合わせてるよね。そこで黒目の上にある角膜を削ることで調整するというものなの。まず角膜というものは実は5層になっていてその一番上をペリってはがすの。それを途中まではがして完全にとらずにおいておく。次にその下の部分を削って角膜のかたちを極端にいうと真っ直ぐだったものが少しでこぼこになったりすることでピントの調整をするの。そして削り終わったらはがしておいた一番上の角膜を元にもどしてくっつくのを待つと」

「ううっ聞いているだけで気持ち悪くなりますねえ。でもそれってどうなんですか?病気でもないものを削ったりしちゃって。」

「ちゃんとした病院に行って行えば今は技術も向上していて問題はないと思う。ただ、近視を治してしまうということは老眼が早くきてしまうということがあるね。若い20代30代くらいだとコンタクトも眼鏡もかけないで過ごす期間が長いけれど40を過ぎたら近視は治ったけど老眼になる、老眼鏡が必要になる。だからそれをどう考えるかだよね。」

・・・なるほど、最大のリスクは老眼が早くくるということ意外でした。だから年齢によってはあまり近視を治さず0.7くらいが見える程度にする場合もあるそうです。そこそこ遠くが裸眼で見えるという状態です。それでもやる?ってとこですね。

レーシック豆知識(私の説明は合っているかわからないので興味のある方はしっかりお調べくださいね。)でした。


眼はとっても大切な体の一部です。高校生の頃眼鏡をかけないと生活していけないとわかったときのショックといったら大変でした。でもあれから数十年。矯正することでたいした問題もなく過ごせてきたことを思うとこれからも上手につきあっていけばいいんじゃないかと思っています。年齢を重ねることでどうにもならないことが出てきたときに悲観ばかりするのではなく「あ、予定どおり来ましたね。」って「想定内ですよ。」って受けとめられたらいいなと思っています。

あっ・・・と走る話題はどこへ・・・今週は・・・根性で1日朝ランしました。根性だけでは長続きしないと言われますが根性ださないと確実に起きれません

明後日は青梅マラソン・・・30キロ、どう走りますかね。過酷な練習になりそうです
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ちょっとブレイク

寒いですねえ。。。

何もかもヤル気が起こらず・・・と言うわけでもないのですが走る気持ちは下降気味

そもそも1月は往く、2月は逃げる、3月は去るって言われてますよね。(確か)この3ヶ月はおまけみたいなものなんですよ。少し時間のあるこの機会にいろいろなことを考えてみたいと思いました。

と言いつつ時間があると関係ないところにも興味が行くもので・・・。
この週末、私が何をしていたかというと「エンゼルバンク」という漫画を大人買いして読んでおりました。

金なら1枚、銀なら5枚集めるとおもちゃがもらえるエンゼルマーク(ありましたよね。今でもあるのかな)これをおもちゃが欲しくてエンゼルマークが欲しいと思っている人に売ったり、なんとなく中途半端に持っている人から買ったりして売買するとその在庫状況によってその値段が変動する。そこに相場というものが生まれて価値があれば売れるし、なければ売れ残る。このエンゼルを自分の持っている知識や経験に置き換えてみるとあなたのエンゼルは売れる価値があるのか?「人の価値は自分で決めるんじゃない、決めるのは相場だ」って話です。

ちなみに30代半ばの人は相場での価値はゼロです(笑)

これって受けとめなくてはいけない現実ですね
でもこれを読んで私が落ち込んだかというとそうでもなくてあらためて自分の仕事について考えることができました。それからこれからの可能性についても。今の仕事に満足しているかと聞かれたら正直なところ不満なところはたくさんあります。けれどすぐに辞めてというわけにもいかない。何しろ相場での価値はゼロなんですから。

いろいろなメディアやイメージ、テレビなどから流れてくる情報、時々おかしいって思うときありますよね。だまされてはいけないことがたくさんでてきてなかなか面白い漫画です。テレビドラマでも木曜夜に放映されてます。


さて、今年のトレーニング方針について考えた結果、効率よく、科学的に、謙虚な気持ちで・・・ってよくわかりませんけど新しいことは始めようと思っています。

今日の夜は雪が降るのでしょうか?明日は朝ランの日なんですけど、やらないと3日空いてしまう

根性で起きましょう



このページのトップへ
コンテントヘッダー

東京ベイ浦安シティマラソン

今回の会場は浦安、しかも受付時間は8時15分まで。ということで5時に起きて朝ごはんをしっかり食べてと用意していたのに2度寝してしまって寝坊ご飯をかきこんで荷物を持って駅まで走りました準備は前日にしておくことはとても大事です。(助かったあ)とりあえずセーフの時間に電車に飛び乗りました。

舞浜といえばディズニーランドですよね。参加賞にミッキーのタオルがついてました
そして風がとても強いところです。

ハーフマラソンに参加しました。コースは約21キロと書いてあって正確な距離でないのは仕方ないとしても、目標はちょっと高めに1時間50分くらいでと思っていました。フルマラソンを4時間以内に走るとしたら(結局こだわっていますが)そのくらいで走れないと到底ムリだと言われているからです。

今回は題して「最初からちょっと速めに走って最後までくじけない」作戦です。

まずは「強風のため集団から離れてはいけない

これが結構離されて風を浴びてしまうのです。少しペースが乱れても誰かの後ろと思って走りました。

そして「とりあえず半分走らなければ、手堅く、そして積極的に

ところが私、計算まちがえてたんですよね1キロ5分25秒で走れればいけると思っていてなかなかいい感じと走っていたんです。10キロのラップが53分12秒。冴えない頭で計算しましたよ。このままだと50分切りはムリじゃないの。調子よく走ってきたつもりなのに。。。

それから「最後の5キロまで少しペースをあげてねばる

とりあえずペースアップだと思ったのですが、後半海岸線のものすごい強風で・・・でも私は我ながらよく走っていたと思います。なんというかずっと苦しくなかったのです。ずっと前から軽々と走れたらいいなと思っていました。まさしくこれじゃないかと思ったくらいです。

そしてそして「最後の5キロになったらガムシャラに走ろう

ここからがハーフマラソンの本当の勝負!ペースをあげて走ったんですけどね。最後の1キロはさすがに苦しかった。
最後の5キロは27分ぴったりでした。5分24秒ペースです。

トータル1時間52分45秒。
しっかり走ったつもりなのになあ、計算まちがいが一番痛かったかもでもまあ今回はこんなのではないかと思います。1時間50分切りは次回の目標にしたいと思います。

レース後、CW-Xのイベントに参加しました。ランニングフォームも見ていただいたのですが、「いいですね。」と言われました。うれしい反面、ということはどこを改善すれば今より速く走れるのかしらと思いました。私と同じくらいの速さで走る人でもフォームがイマイチだなという人を見ると(エラそうにゴメンナサイ・・・)この人はフォームを改善すれば私なんかより数倍速く走れるんだろうなといつも思ってしまうのです。私はこれが限界なのでしょうか?

「サブ4いけそうなのにねえ。おへそを前方の地面に近づけるイメージをするともっと良くなるよ」とアドバイスをいただきました。あと「右足首が痛くなるのは、もしかして右足の方が元々強くて地面を蹴ってしまうのかもしれない、シューズの裏を見せないくらいにただ地面に脚を置いていくように走るといいよ」とも言われました。最後に「3日練習を休むとせっかく鍛えた体が元に戻ってしまうからもったいない、平日に後1回少なくても走ることができれば全然変わってくると思うよ。」と。

なかなか久々に勉強になるお話でした。今までも何度も聞いているのですが右から入って左にぬけていたものが今回はすっと中に入ってきた気がしました。同じ話も何度も聞くべきですね。そして根性で週に1回は早起きして朝ランをしようと思いました。「必ず変わる!」んですよね。

ハーフマラソンが少しラクに走れるようになった気がします。少しずつ成長してますかね。これからも焦らずじっくりと、いつかサブ4のご褒美がもらえるようにがんばりたいと思います。


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ズッキイ

Author:ズッキイ

カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。