コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

1歩ずつ前へ

とうとう明日で今年も終わり。

年末休みにすべてやろうと思っていたあれやこれやでいっぱい・・・でも気がぬけてしまって結局昼寝・・・あぁ

マンドリンの弦を半分張りなおしました。今まで放っておいてごめんね。この楽器本当はもっと活躍しそうなんだけどな。技術に関わらずよく鳴るもの。社会人になって奮発して購入したけど今の私にとっては宝というだけの存在です

この休み中のピアノ課題曲はビリージョエルの「ピアノ・マン」に決定もちろん弾き語りで歌もマスターまで。キーボードが欲しい・・・。

年末に音楽づいてしまいましたね・・・。


年末なので今年1年を振り返ってみようと思います。

今年はホノルルマラソンのダメージからやっとこ抜け出し、やっぱり楽しく走らなければとこのブログを始めました。
書くことがすぐに無くなるんじゃないかと思ったけれど、こうして何とか1年間、読んでいただいた皆さんありがとうございます。

ゴールドコーストマラソンには初めて1人で海外遠征、その後疲れてぜんそくになったりして・・・でも最後の那覇マラソンまで、たくさんの大会にエントリーし、一度の欠席もリタイアもなく我ながらよくがんばりました。

本当に楽しかったです

もちろんレース中に苦しくなることはあります。辛くて早くこの時間が過ぎてくれないかと思ったことも何度もありました。けれど学生時代のマラソン大会のようにもう二度と走るのはイヤだと思ったことはありません。今度こそもっと強くなって軽々と隣の人を抜いてみたい、ラストスパートをして颯爽とゴールしたい。そんな小さな思いの積み重ねでずっと走ってきました。

1年前の今日より強くなったと思います

久々に走った私の練習コースの土手も10キロは問題なく走れるようになりました。今日は途中で男性に抜かれて、そして抜き返しました。前半より後半の方が速く走れるようになって、スピードを上げるとすぐに悲鳴を上げていた膝や足首も大丈夫になってきました。継続することで人の体って慣れていくんですね。

私は陸上部でもましてや運動部でもありませんでした。でも続けたらフルマラソンも走れるようになりました。まだ走り始めていない人にはぜひこの喜びを味わってほしいと思います。初めてホノルルマラソンを歩きながら完走したときは人生が変わったとは思えませんでした。けれど少しずつ私の人生は変わっているように思います。

仕事納めの日に尊敬する上司から・・・
「100あることをすぐに100やろうとしたらいけないよ。少しずつやっていけばいいんだよ。頑張って!」
と言われました。そうですよね来年はちょっと挑戦してみたいことがあります。昨年より今年、今年より来年、走ること以外でも自分の新記録を塗り替えていきたいと思います。

今年1年、私と関わってくれた皆さん、どうもありがとうございました来年も引き続きよろしくお願いします


スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ソルティッシュナイト

今日はマラソンとは関係ないので書くべきか・・・と思ったけれど、感動したので書いてしまいます。

最近の私はなんちゃってアスリートを気取ってすっかり陸上部気分でしたが、前にも言ったように基本は文化系です

すっかり忘れてましたが(本当に
大学の4年間はマンドリンという楽器を弾いて(もちろん素人サークルですが)演奏会なんかもあったりして。久しぶりに思い出しましたよ・・・。

塩谷哲という人を私は知りませんでした。今日は彼の演奏をライブで聴いてあぁ、ただただスゴイと。彼のピアノと歌手のコラボレーション、確かに歌手もスゴイのだけれど彼のピアノに引き込まれる。キラキラしていて、出演していた渡辺美里さんが言っていたように宝石みたいな音色です。彼のピアノはただの伴奏ではなく時に何かを主張していて他の楽器は全くいらない、すべてをピアノだけで表現していました。

いいもの見ちゃったなあと。ここにもステキな人がいたなあと。年の瀬にステキな人に出会えたなあと。
ラッキーな1日でした。チケットをとってくれたMちゃんに感謝です。

塩谷でソルト、シングライクトーキングの佐藤竹善さんの佐藤でシュガー、SALT&SUGARというコンビも組んでいてこれがまたまた素晴らしい。

年末は久々に楽譜を買ってピアノの練習でもしてみようかと・・・うーーん、また時間がないな。スポーツリーダーの添削課題も締め切りが・・・。

真面目に読んでくださっているみなさん、今日は単なるぼやきになってしまってごめんなさい。


・・・走ることでつまづいた時は音楽もあるということを思い出しました。


ファンクラブに入りたいほど一目ぼれです
このページのトップへ
コンテントヘッダー

かもの法則

朝ラン、朝カフェ・・・すべて挫折しているズッキイです。

先週はろくにお弁当もつくれなかった・・・こんなんじゃあダメです。

土曜日はひとり10キロを走って完全OFFにしました。
そして昼寝もしていつもよりご飯をいっぱい食べました。

そう・・・今日は月に1度の月例マラソン大会、気軽に参加できる反面サボろうと思えば行かなければいいのでついつい甘えそうになります。けれど自分の限界に挑戦するために行かなくちゃあって今日は起きました。種目は20キロ、長い距離が走れない私は長い距離に慣れるしかない、20キロなんて余裕くらいにならないとフルマラソンでいい記録は出せないと思っています。だから逃げずに20キロ。会場までは気が重かったけれどスタートラインに立つころには走る気持ちになりました。

今日の目標は前回のタイムを上回ることと最初から少し攻めていこうと思いました。苦しくなるのがイヤでついついゆっくり走って楽してしまうのではダメだ、今日はお金を払ってレースに参加しているのだから苦しいくらいに走らなければ、元がとれないじゃん。昨日10キロ走ったときは那覇マラソン効果が残っているのか体が軽かったのです。今日は昼寝までして体調を整えているのだから行けるはずと思いました。

最初の5キロを26分50秒、前回より2分速い、なかなかいいタイムです。今日は風もなく走りやすいと思いました。このまま攻めていきます。とりあえずのペースメーカーを見つけました。まずはこのピンクTシャツの男子についていこう。そして前方に女子の姿がちらほら、まず水色のパンツ、そしてその前にオレンジのTシャツ、目標は彼女たちを最終的には捕らえて抜き去ることです。調子がいいときはかなり前方の景色が見えて手をのばせばすぐにでも届きそうな気がします。今日は調子がいい

10キロの折り返し26分34秒、よしまだまだ行けるというかかなり行ける半分くらい走ったところでピンクTシャツの男子のペースが落ちてきました。ここは抜き去るしかありません。一気に行きます。そして前方の女子を追いかけます。さっきの5キロより明らかにペースが上がっていることが自分でもわかりました。反対側を1位の男子が颯爽と走っていきました彼の呼吸も苦しそうです。速いなあ、いいもの見せてもらったわ私もあれくらい最後は力を出さないとと思いました。

前を走るオジサンが隣の人に「自分に負けちゃあダメだ」と叱咤激励してました。私も「そうだそうだ」と思いました。この大会、なかなか真面目で真剣なんです。時々ベテランのオジサンたちのうんちくに耳を澄ますのも大好きな私です。よーし、最後の5キロはハアハアでも走りぬけるぞ

15キロの折り返し26分15秒、もう少し上がってると思ったけどイマイチ、ここからラスト5キロはハアハアで行きます。まず水色パンツを捕らえました。もう疲れているみたいで簡単に抜かせてくれました。よーーしもっとエンジンかけちゃうもんね・・・とそんな私にぴったりとくっついてくるオジサン?がいます。うっとおしいなあ私がペースをゆるめてもぴったりくっついて抜かないんだ。でも私より息があがってるみたいだしこうなったらペース上げてふりきっちゃうもんね。・・・と意地の張り合いで走っていたらオレンジTシャツに追いついた。この人ずっと後ろから見てたけどなかなか強いんです。どこかのチームTシャツを着てました。ベテランと見ましたでも勢いづいている私はそのまま軽く抜きました。追いかけてくるかと思ったけど来なかった。・・・というかその前に走っていたオジサンとその後激しいデットヒートになったから追いつけなかったと思います。

オジサンと私は互いに道を譲れずに走り続けました。最後の1キロの直線にきたとき後ろから追ってきた男子も加わって3人でデットヒートです。誰も譲りません。負けるもんかと思ったのだけど、まず力づくで男子が前にでてオジサンが下がったと思いきや猛然ダッシュ、ついていけませんでした・・・でもそんな最後の5キロはデットヒートの連続であっという間、25分13秒でした。トータル1時間44分54秒、前回より10分くらい短縮できました


この調子でいけるかも・・・いろいろ


12月に入って那覇マラソンから始まり、慌しくていったい自分はどうしたいのかを見失いそうでした。でもなんとかひとつずつ片付けていこうと思っています。

「かもの法則」という本を読みました。かもにされる人の話かと思いましたがそうではなくてとてもユニークは発想です。ひとの心の中には二羽のカモがいるそうです。「できないかも」という否定的なカモと「できるかも」という肯定的なカモです。否定的なカモを肯定的なカモに置き換えるだけで未来は変わるのだそうです。確かに「できないかも」と思って挑んだことでできることって少ない気がします。「できるかも」という予感が成功に導かれるのだとしたら私はこれからいつも、どんなときも「できるかも」って思うようにしたいです。「かも」だから実際ダメでもいいわけで。とりあえず「できるかも」習慣にしたいと思います。

明日はいい1日になるかも
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ボランティアガイダンス

もうすぐホノルルマラソンのスタートですね。

今年は行けませんでしたがなんだか気になってしまいます
ホノルルは朝5時スタートですから、ホテルを2時から3時に出なくてはならなくて時差ぼけやら睡眠不足やら、なんだかわからずスタート地点に向かうことになります。暗いなかスタートをしてだんだん夜が明けてくるそして日差しがきつくなり、自分との闘い・・・自分の中では色々なドラマがあったホノルルマラソン、またいつか参加したいと思います。


「42キロを走って(又は歩いて)完走することは本当にキツイことなんです。ランナーはもう必死です。もうダメだと思ってもなんとか最後まで走り抜けるには温かい声援とボランティアのみなさんの力が必要です。」

・・・というわけで本日は東京都庁に行ってきました。東京マラソンボランティアガイダンスです。今回のフルマラソン参加人数は3万2千人ですがボランティアは1万人だそうです。すごいなあその他のデータとしてはバナナ6万本、アンパン、人形焼1万個、レーズン、氷砂糖等40万粒、トイレ980基、AED61台、荷物を運ぶトラック44台・・・だそうです。

ボランティアの1日みたいなDVDを見ました。まずはスタート地点、東京マラソンのスタートは東京都庁ですがゴールは東京ビックサイトでかなり離れたところにあります。スタートでランナーは荷物を預けそれをゴールまでトラックで運ぶのです。まずはスタート地点で荷物を受け取る係りからです。10キロのランナーの分を合わせると3万3千の荷物を受け取って積み込む作業ですね。そしてコースに出るとおなじみの給水や交通整理、バナナの皮をむいて何本も切って用意をしている姿もありました。そして声援を送る人。ゴール地点ではメダルやタオルを渡す人、計測チップを外す係り、そしてスタートから運んできた荷物を分けて渡す人・・・とまあすごい人が動いています。

ちなみにボランティアが着ているウェアは色が分かれていて赤は医療関係、こちらはプロのみなさんです。青は給水をする人、黄色はその他です。実はまだ何をするのかの詳細は届いていません。楽しみですね。

私はいつもランナーとして色々な大会でたくさんの人にお世話になっています。苦しくてなかなか「ありがとう」ってうまく言えないけれど「頑張って」と応援してくれる人たちに支えられてゴールすることができました。ランナーが気持ちよく最後まで走れるように頑張りたいと思っています。

前回は応援、今回はボランティア、次回こそ走ってみたい東京マラソンです。


さて、今年のマラソンも一段落・・・トレーニングは継続しつつ日常の生活も取り戻さなければ。やらなければならないことも山積みです。胃炎が気になるところですが朝カフェ復活で勉強を再開をしたいと思います。もっともっと前に進みたい欲張りズッキイです。

明日は月曜、月曜はみんなツライマラソンと同じ、でも逃げ出さずに頑張りましょう。


今年もラストスパートですね




このページのトップへ
コンテントヘッダー

NAHAマラソン

ご報告、遅れました

昨日の夜に沖縄から帰ってきて、今日は朝から仕事でやっとマイパソコンの前に座れました。

結果から言いますと・・・4時間42分で無事完走できました

記録的には遅いんですけど私は初めて42キロを歩かず「完走」できました。ラストスパートもできたりして
マラソンの基本はここですよね。ここまで辿り着くのに2年もかかりましたいつも自分の実力よりかなり高い目標を掲げてオーバーペースで走ってしまうため後半に歩いてしまう。ペースなんてあったものじゃありませんでした。でも今回のラップタイムを見ていくと前半ハーフと後半ハーフは後半若干遅れてますがそんなに変わっていません。38キロから40キロがちょっと苦しかったかなという感じです。走った後の体の痛みもたいしてなくてまた42キロ走れそうなくらい元気です

これからはこの1キロ1キロのペースを少しずつ上げていって全体のレベルアップをしたいと思っています。

そうそう、チームピンクのみんなも制限時間(6時間15分)には余裕で全員ゴールしました。ゴールできなかった人はたくさんいたわけで、みんな堂々の琉球ガラスメダル(完走者だけがもらえる)です。


・・・さて、あらためてNAHAマラソンについてお話しなければなりません。

今年は3万人が参加、スタートも東京マラソンのようにゼッケンに番号と共にアルファベットが書かれていて自分と同じアルファベットのプラカードの後ろに並びます。これは申告タイム順なのですが、私は4時間30分くらいで「F」真ん中より少し前からのスタートとなりました。

スタートはよく見えなくて最初は人だらけ、走る人もいっぱいだけど応援の人もかなりたくさんいました。本当に那覇市全体のお祭りみたいにたくさんの人が応援にきてくれていました。

道はこの人数の割りに狭くて、なかなか前に進めないのだけど今日は42キロ、なんだか急ぐこともないなと思いつつ走りました。沿道はずっと応援の人が切れません。公式のエイドステーションが設置されていましたが、それよりも個人のエイドが多くて、応援している人は何かを持っていてくれているという感じでした。話ははずれますが、沖縄の試食コーナーってすごくたくさん置いてあって買わなくてもそれだけで満足してしまうような量がありました。飲み物を持って歩けば3時のおやつには十分すぎるくらいです(笑)

・・・それで私もだんだん図々しくなってきて走りながら次の人は何くれるのかしら?なんてもらうものを選んでしまう始末ずっとエイドがあるので自分が飲みたいときに水が飲めてお腹が空いたら食べ物もたくさん提供していただきました。こうなると真面目に10キロごとにパワージェルなんて全くいらなかったです。なかなかおいしかったのは冷たい塩水とみかん、黒糖なんかもよかったです。ソーキそばやサーターアンダギーもありましたがさすがにそれは遠慮しておきました。

町をあげての応援、都会の大会ではあまりありません。みんなそれぞれ忙しそうですから。誰かのために損得勘定抜きで自分の時間を使うってすごいと思います。

沖縄に行ったのは2度目です。
以前はその時沖縄にいた友達を訪ねて、南部にある戦争の跡を見てまわりました。こんなことがそんなに昔ではない時代にあったんだというショックでいっぱいでした。今でもたくさんの基地が残っています。

今回はガイドつき観光で北部の「ちゅら海水族館」や「琉球村」などに行きました。水族館は今まで見た中で一番よかったです。まるで海に本当に潜ったようにジンベイザメ他が見れました。

ガイドさんはバスに乗っている最中、私たちを眠らせることなくずっと歌ったり踊ったり、はたまた紙芝居やらクイズと本当に楽しませてくれました。このガイドさんも私たちに伝えたいことがたくさんあったのだと思います。
沖縄には「さよなら」と言う言葉がないそうです。本当はあるのかもしれません。でも「また会いましょう。」でお別れしました。

かつて琉球王国があったころ日本とは一味違った文化があった沖縄、今でも日本ではない異国のような気がしました。盆踊りとは明らかにちがう踊りや服装。カタカナで書いてある変わった食べ物。地図でみてみると他の県とはかなり離れています。そこにあることは知っているのに、実は沖縄のことを何も知らない。沖縄の人は「なんくるないさあ(なんとかなるよ)」って優しく言ってくれるのかもしれないけれどとても心優しくていい人たちに何だかイヤな事を押し付けてしまっているような・・・。

マラソン大会に出たくて他の県や外国に旅することはとても楽しいと同時に実際に行って走って肌で感じるその土地のことなどとても勉強になります。仕事の行き帰りだけでは解決しない問題もなんだかちっぽけな問題のように思えてきたりして・・・。いろいろと考えさせられたNAHAマラソンでした。


来年もマラソン遠征に行きたいです

このページのトップへ
コンテントヘッダー

まな板の上の鯉

朝、右足の裏側内側のアーチ部分が痛くて目が覚めてしまいました。

そんなあ、もう明後日なんだよお

なんだかふくらはぎが固くなってるみたい。。。

とりあえず、湿布をしてこの前買ったアディダスの足袋みたいな靴下を履いたら少しラクに。

駅へ向かう道すがら、泣きそうになりました
「神様、なんでやねーーーん。」

あまりのショックでヤマさんにメールしたら「大丈夫だよ、大会はあさってだもん。」って返ってきた。

そうそう、ここで冷静にならなければ・・・。

今できることをするしかない。
忘れ物がないように準備をして、炭水化物と水分をいっぱいとって、ちょっと足をもんでみる・・・相変わらず痛い・・・
今日休めば少し良くなるかな。

確か金さんの本にレース前日ともなれば「まな板の上の鯉」なのに今から何かできることはないか、これからどんな練習をしたらいいかと聞いてくる人がいる、それが1人ではない、というようなことが書いてありました。普通に読めば誰でもそんな前日にもなって全く馬鹿だなあと思うのに、いざ自分がレース直前になると同じような気持ちになります。今日は走らなくてよかったんだろうか?まだ何かしておいた方がいいんじゃないかと。

今回の痛みはヤマさんにならって「気にしない」ことにしました。

「気にしない、気にしない、痛いの飛んでいけーー」です。
なんでいつもこうなるんだろう。詰めが甘いのでしょうか?

この大会が終わったら少しお休みするから、どうか脚さん最後まで走って・・・お願いです。


明日から沖縄です



このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

Author:ズッキイ

カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。