コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

FIELDランイベント

仕事が終わってから久々の課外活動。

FIELDのランイベントに参加してきました。

ビギナー対象だったけど病み上がりの私にはちょうどいいかなと思いつつコーチのトライアスリート、アヤトさんにも会ってみたくて出かけてきました。

説明の後着替えて準備体操、ここまではだいたい他のイベントと同じでした。

・・・がその後「みんなで手をつなぎましょう。」と言うではありませんか

「今からみんなでウェーブをやります。」えええ???チームワークが大事だからウェーブ?なんだそりゃ?でもみんな言われるがままにやってます。

そして・・・次は「円陣を組みましょう。」なんですと

「Fと言ったらフィールドRと言ったらランニングCと言ったら・・・と掛け声をかけてください。」
覚えられない・・・これヘンな宗教じゃないよね

「それではこれからみなさんで集合写真を撮ります。」いいけどさ・・・これいったい、いつになったら走るんだろう。。。

「はい、それでは1チームから順番に走ります。他のチームの人はアーチをつくってください。」アーチって何だ???
・・・なんと卒業式や送別会(今でもやるのかな?)で卒業生らがくぐっていくあのアーチでした。何で???

そのアーチをくぐってやっと走り出しました。走りだすときはアーチをつくってくれた人たちに手を振ることを忘れずに(笑)

もうなんだか笑えてきました。
楽しく走るというのはこういう解釈もありなのか。。。

これ、まだまだ最後の懇親会までいろいろあるんですけどね、このマメな配慮が女性の心をとらえるらしくこのイベントは大人気だそうです。平日の夜ですよ、すべての終了は22時、明日はみんな仕事というようなOLさんばかりなのにこんなに体力があればみんな軽くフルマラソンを走れそうです。でも聞いてみるとほとんどの人が5キロなんて初めて走りました、東京マラソンもエントリーは10キロです。・・・なんて言ってました。

私はというと、部活は苦手だし女子同士でつるむのもあんまり好きではないなあ・・・と思いつつ

ここに来ている人たちは多分何かを変えたいと勇気をだした人たちで、ただの女子ではないんだ、きっと

有酸素運動は大事だし、たまにはみんなでおしゃべりしながらがやがや走るのも楽しいことかなと。

・・・でもそうやって走りながら、私は静かにただ頭を空っぽにして走りたいと心底思いました。


というわけでなぜか・・・久しぶりに真剣に走りたいと心に火がついちゃいました。
来月の巨峰マラソンは完走が精一杯かなと思ったけれど、少し速いランナーと真剣に競り合いたいなんて妄想が沸いています。

体調が戻ってきて、また本気で走る気持ちになってきました。

なんだか不思議なイベントでしたけど、なぜかモチベーション
アヤトさんにはトライアスロンのことを尋ねてみたいので来月も参加予定です。もう少し素(ス)のアヤトさんの話が聞きたいです(勝手な要望


走る楽しみは人それぞれ、たまには円陣?!




スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

トライアスロン世界大会in横浜

昨日今日と横浜にてトライアスロン世界大会が行われていました。

私は今日の朝からボランティアをすることになっていて、朝6時半集合昨日はほとんど眠れないまま会場へ向かいました


今日は男子の大会で始めにまだ若いユースの大会、そして本番エリートの大会と行われました。

私はトライアスロンに関しては全くの素人です。何がどうすれば勝てるのか、それはもちろん一番速く帰ってくればいいわけだけどその競技を初めて見てみてへえーっと思うことが色々ありました。

まず、スイムからスタートです。「Take your mark!」の後ファーンという音でスタート。フライングする間もないほどファーンという音は速かった。タイムはあんまり関係ないのかな?

スイムで1位となれば優位なのだろうけどその次のバイクでほとんど団子状態になってました。

そしてバイクはほとんど団体行動。風の抵抗を順番に受けるため前の位置を変わりばんこに走るみたいです。ずっと後ろでよけているのはダメみたい。このへんは暗黙の了解なのでしょうか。ここではとりあえず先頭集団にいることが大事です。

最初に勝負をしかけるのは誰か?ひとりだけ飛び出しても風や空気の抵抗を受けてしまうためかなりリスキーです。誰かがついて来てくれないと疲れてしまって損。でも団体行動は速めにちぎって逃げ切りたい。誰がでる?かけひきです。(私なら後ろでしぶとく待つな。)そのうち、ひとり団体行動を振り切って前にでました。今それについてく?かけひきです。今日はなかなかついていきませんでした。(最初にでた人、ここで疲れちゃったんじゃないかな?素人考えですけど)誰かがでたときついて行けるか、そもそもついていくのか、がかけ引きになるようです。

今日のレース展開では最初にひとりでてしばらくずっとひとりで走ってその後2人くっついてきました。このへんで出てくる人優勝候補ですよね。今度は3人で協力して走っていきます。なるべく後ろの集団をちぎりたい。3人だから団体より小回りがききます。・・・3人でバイク終了。

最後のラン、ここからが勝負です。うまくこの3人の先頭集団に入れてスタミナが残ってた人が勝ちです。案の定ランになったらひとりが飛び出しました。他の2人はもうついていけない。第2集団に飲み込まれました。

どこでついていくのか?どこでスパートするのか?マラソンと似てるけど、どこか違う気がします要はスイムとバイクでいい位置について最後のランにどれだけうまくスタミナを残せるか?という競技なのかなと思いました。


・・・で感想としては男子選手はもっとゴツゴツしてるのかなと思った外人さんの方がスタイルも良く美形でかっこいいたまたまかな?あの丸っこくてちっちゃいのはみんな東洋人だなって言ってたオジサンのコメントが的を得ていると思いました。(あっと、ごめんなさい)

1番で入ってきた選手はそばで見ていて最後まで本当に弾むように走ってました。でもほとんどの選手が本当に苦しそうで、プロも(当たり前だけど)苦しいんだよねと改めて思いました。

肝心のボランティア活動はというと私の担当はエイドステーションでした。普通のマラソン大会と違ってペットボトルひとつを渡します。世界大会はドーピングが厳しいらしくそのふたもしめたまま。変なものは入れるスキはありません。選手が見えたら軽く空けてふたはしめたまま渡してくださいとのことでした。

ペットボトル500mlって片手で持つと意外と重いなあ容赦のない太陽も久しぶりに浴びました。
私は列の一番後ろで水を持っていたのでなかなか出番がないかなと思っていたけれど、前の人の水を通り越して私の水をとってくれた人が2人いました。自分の手から水が離れる瞬間意外と力がかかって小さな感動

・・・となんちゃって、うわの空ボランティアのズッキイ、トライアスロンレポートでした。


たまにはボランティアもいいかも
このページのトップへ
コンテントヘッダー

世界を目指す?!

今日は遅い夏休みをいただいてひとり5キロ完走。この前より速く走れました。・・・がまだ体が重い。10キロ走るのは難しそうです。

まだまだ暑いし除々にがんばりましょう

ところで・・・今日の金スマ見ましたか?松岡修三さんが子供たちに熱くテニスを教えるとのことでちょっと好奇心・・・かなり見入ってしまいました。

「世界を目指すテニスプレーヤーになりたい」という子供たちに対して松岡さんは容赦はしません。
「世界を目指すというのならたとえ10歳であっても言わなければいけないことがある。」

テニスの練習をするとき私たちのレッスンでもミスしたら罰ゲームなんてのがよくあります。それはテニスというスポーツが、あるいはどんなスポーツであっても、それはプレッシャーとの戦いでありメンタルが弱い人は決して勝つことができないものだからだと思います。

大人の私でも罰ゲームは本当にイヤで別にそれを失敗したからと言って極端な話死ぬわけではないのにミスしてしまったりするのです。

松岡さんは言います。
「失敗したりミスすることは責めたりしない。でも失敗を恐れてミスするのはよくない。」
「なぜできなかったのか、自分で考えてごらん。誰に勝つんだ?自分に勝つんだ
「絶対できないんじゃない。絶対できるんだ。自分はできると自信をもつこと。」
「コートに入ったら自分ひとりでそのプレッシャーと戦わなければならない。みんな怖い。でも逃げちゃだめだ。」

キビシイ・・・でもそれを乗り越えた子供たちは確実に強くなった気がしました。

私も胸が熱くなる想いで見ていました。そして私が何かと一生懸命になってしまう理由はここにあるんじゃないかと思い当たりました。

私は幼い頃から今までプロを目指してきたことはありません。残念ながら・・・そして今ではプロじゃないんだからそんなにやる必要はないと言われ、体を崩したりすると確かにそうだと、もっと楽しんで取り組めたらと、でもどこかで違和感を感じていました。

それはきっと幼い頃から松岡さんみたいに教えてくれる大人が私の周りに多かったからではないかと思いました。「ズッキイ、なぜやらないんだ。きみはやればできる。」という隠されたメッセージと共に「そんな根性ならやめてしまえ。なんで泣くの?泣いても何も解決しないよ。」等厳しく指導された記憶が心の片隅に残っていて、いつも何気にこの状況に負けてはいけないと思ってしまうのだと思います。

最近は褒めて伸ばすことがいいなどと言われていて私もそうありたかったと大人になって思ったりしました。でも今日の松岡さんをみて、厳しく私に期待を持って指導してくれた大人のみなさんに感謝の気持ちがわいています私は世界を目指すような人にはなれていないけれど、少なくとも今のところ仕事をしてひとりで生活をしていけています。社会で生きていくこともそれなりに大変なことが多くてくじけそうになることしばしばだけれどなんとか踏ん張る力はこの指導のおかげもあるかもしれません。

子供たちには、それぞれの境遇の中で自分を信じて頑張ってほしいと思いました。


自分を信じて前に進もう

このページのトップへ
コンテントヘッダー

5キロ走

目が覚めたらすでにお日様が昇っていて、これは走れるかしら?と思ったけど今日は走ると決めていたので予定通り走ることにしました。

今日の目標は5キロを完走です。
久々に走るので体のすべてが不安でした。

ドキドキしたらペースをゆるめるのよね。
よーーし頑張ろう

最初の1キロが6分を少しオーバーで入れたのでなかなかいいペースだと思いました。いつもは5キロ走るだけならもっと速く走るけど今日はこれで十分です。

そのままのペースで5キロを完走しました。気持ちよくとまではいかなかったけれど、途中咳はでたけれど、ドキドキはなかったしその他脚の痛みもでませんでした。

5キロクリアです。(ワーイ

今はとても暑いのでどちらにしても10キロが限界だと思います。
来月の大会は20キロなのでせめて10キロがラクに走れるように調整したいです。

自分の影を見ながら走っていたら、体の軸が何度もブレているように見えました。
次への課題です。

何より体を元の体脂肪まで戻さないといけないと思っています。
体調はかなり戻ってきました

久々にいつものコースをひとりで走っていたら、いつも見かけていた女性も走っていました。私が走っていなかったときもこの人はずっとこの道を走っていたんだなあと感心してしまいました。もしかして毎日走っているのかもしれません。

私も仕事に行く前に走ってみようかな。早起きは三文の得と言うし。
意外と気持ちがいいのかもしれません。


油断せず引き続き体調管理、健康第一


このページのトップへ
コンテントヘッダー

掃除、地デジ、スッキリ

今日は暑い一日でしたね

さて、私はアドバイスどおりカーペットをはがしていねいに折りました。ギリギリ50センチ四方となり燃えるゴミへ。夜遅くに隣近所のみなさんゴメンナサイと思いつつポカリスエット片手に汗だくで作業。1人ってタイヘンでも・・・スッキリ

後は簡単に掃除機をかけて終える予定でした。・・・ところが事件発生カーペットを1人でムリヤリ引き剥がしていたらテレビの線が1本抜けてしまったのです。でも普通はもう一回入れればいいじゃんとなるのですが入れてもテレビはザーザーの嵐ははーん思い出しました。ここに引っ越してきたとき差込の真ん中にある針みたいのが曲がってしまって電気屋さんが苦心してはめ込んでくれたんだった。
もう入らないみたいよ。。。

脳を総動員して考えた末、・・・これはもう買うしかないな。アナログ放送終わっちゃうし・・・。

ということで家電量販店へ。私は買い物は早いです。メーカーは決まってる、大きさもなんとなく、予算もこんなものと決めて出陣。選択すべきものはひとつだけでした。聞いてみたら配送は翌日の午前中でも可能とのこと。よーーし後やるべきことはひとつ。

引き続きカンペキな掃除

新しい仲間が我が家にやってくるのだから全部キレイにしなくては(それにテレビ設置に来る人に驚かれても困るし

・・・で今日は朝から走るつもりが大掃除になってしまいました

でもキレイさっぱり。新しいテレビくんもうまく収まりました。
今更だけど、もうテレビ番組表いらないんですね。録画予約も簡単バッチリ。
なかなかこの子は賢いです。

スッキリしてから私もスッキリしようと美容院へ。
いつも担当してくれるカレに私の状況をかいつまんで話してみたところ、

「それってやっぱりアレルギーじゃあないですか?雨が降るといろんな細菌が繁殖しますからね。大人になってからの体の変化ってありますよね。・・・でも良かったじゃないですかあ。これを機会に地デジになったわけだし。テレビってなかなか買うのに踏ん切りがつかないものですよ。」

ふむふむ、納得、今回の一件を上手にまとめていただきました

明日こそ走るぞ


部屋の掃除はマメにしましょう







このページのトップへ
コンテントヘッダー

病は気から

体重増加と体脂肪率増加が深刻になってきたため帰り道を一駅歩くことにしました。割と気合を入れて歩いて30分強の道のり、これを歩くと何とかマルコの期待に応えられそうです。

昨日は初日だったので駅前のたい焼きを2つ買って家に帰ってからのお楽しみをつくって歩きました。

でも少し歩いてはコホコホと咳がでて、これは何か悪い他の病気ではないかと帰ってからも不安は募るばかり歳をとってからもこんなふうに調子が悪くなったら私は孤独に誰にも発見されず死んでいくのかしら・・・とマイナス思考に拍車がかかりました。母にぜんそくになったとメールしたら、「それじゃあ体に気をつけて」と一行。それじゃあって何だ予想はしていたけれど、というかやっぱり1人で強く生きていかなければと思いつつ何日かぶりに大泣きしてしまいました。孤独死・・・

そして今日、76歳の上司がピョコピョコと元気に出勤してきて、若い私がこんなに調子悪いのにどういうことなんだとちょっと逆ギレ気味に質問

「咳は止まらないし、喉がイガイガしていて、何よりずっと調子が悪いんです。」
「ハッハッハッ。困ったねえ。。。」
「走れなくて太ってしまって・・・。どうしたらいいですか?」
「原因はまず家のなかのほこりとダニにあるかもしれないよ。寝るときに扇風機を使う場合は直接顔に当たらないように、一度壁にぶつけて回すといいよ。」

部屋のそうじと言われるとかなり自信がなく返す言葉もないな・・・

「運動量は以前より少し減らせばいいんだよ。太らない程度にね。」
「それじゃあ走ってもいいんですか?咳がでても気にしないで?」
「いいよー。走っていて少しドキドキするなと思ったらそれはオーバーワークだから少しゆるめるようにして。」
「エエエーっそうなんですかぁ。わかりました。この週末からゆっくり走ります。」

なんですと??おまけに・・・
「そのくらいの年頃って色々あるのよね。」

ははぁ、すごいなあ、こういう時って、年の功っていうんですかね(もちろんいい意味で)
人生の先輩が多いうちの職場ってある意味強いです。

長い人生「色々ある・・・。」

なんだなんだ咳なんて気にせずGOGOだな
部屋のホコリが原因説は有力かもしれない。。。

というわけで今日も一駅歩いてきました。腹が減っては戦はできぬと今日はたい焼きをお店で1匹食べてスタート帰りに大好きなカツどんも買ってがっつり食べました。いいんだ、いいんだ週末から走るんだもんね

主治医の先生にはお盆明けに一応聞いてみようかと思ってます。(といっても今更何を


色々あるけど・・・きっとひとりじゃない
このページのトップへ
コンテントヘッダー

マルコと共に

もやもやとした天気が続いていますね。

私の体調もカラッと晴れない、けどこんな時に家で安静にしていても余計に病気になりそうで、でも走れそうにはないことはわかっていて・・・・。
正直ツライです

当然だけど体脂肪が増えてきましたもう体重計に乗るのもイヤになるほどです。

そこで・・・脚の筋肉をなんとか落とさないためにもせめて歩こうと思いました。
今までずっとひとりで走ってきた川沿いのの道を今日は初めて歩きました。時計も持たずに気ままに・・・草の匂いが嗅ぎたいななんて思ってました。

ここは都会の一角だけど私が住んでるこの街は意外と自然が残っています。今の私にとって緑が近くにこんなにあることは、いつも暑苦しいと思っていた雑草でさえありがたいと感じました。

久々にやってきたこの道は思ったよりも雑草が生い茂りただでさえ狭い道をいっそう狭くしてました。でも夏ということもあり、元々そんなに人がいないところなので、私にとってはプライベートロード気分でリラックスして歩くことができました。

今日は復帰初日なので5キロで終了。5キロといっても歩数にすると1万歩いかないんです。最近一緒に歩いている歩数計のマルコは少々不満気味です。「母をたずねて三千里」というアニメ、私は内容は良く知らなかったのですが、ストーリーが書いてありました。

イタリアのジェノバに住むマルコの家は貧しく父を助けるため母がアルゼンチンに出稼ぎに行ってしまう。そんなお母さんからの手紙が途絶え心配になったマルコはサルのアメデオとお母さん探しの旅にでる・・・。

とまあそんなところです。そんなアニメが歩数計になっていて90日間という制限時間ありで私が歩くとマルコは遠く離れたアルゼンチンの母に会えるのです。90日間というのは意味があってウォーキングの効果を実感するには少なくとも3ヶ月続けることが望ましいからだとか。おもちゃのようでこれ、厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006」に対応してるんですよ。そりゃあすごいと思いつつ私はというと、どうもペースが遅れていてマルコに「少し遅れてるよ。」とアドバイスされています

なんとかマルコがお母さんに会えるようにがんばります


まずは楽しみながらウォーキング
このページのトップへ
コンテントヘッダー

健康第一

東京マラソンのエントリーがはじまりましたね。

体調がなかなか戻らないので何もできずにエントリーだけしている私です

今日はダメでもそのうち体力が戻ってやりたくなったとき、どこの大会もいっぱいで出られないなんてことにならないように準備だけはしておかないとね。

体調は・・・だいぶ良くなってきました

帰りに本屋で立ち読みをしていたら咳には梨が効くとあったので、早速買って帰りました。本当は私、梨を食べると下痢か便秘になるので好んで食べたりしないのですが、この際この咳がとまってくれるのが先決です。いいと聞けば何でもやります。

体調を崩してから思うこと、それはやっぱり「健康第一」ということです。
少しでも頭が痛かったり微熱があったりするとその日にやりたいことの半分もできなかったりする。そして未来に対して悲観的になる。自殺をする人の理由で多いのは自分の病を苦にしてというのもうなずける気がします。

そういうわけで、なかなか走れない私は代わりに少し勉強をしようと思っています。こんなに走れないのは神様が少し休めと言っているのかと思ったけどそうではないような気がしています。密かに受けようと思っている試験、近づいているんですよね

スポーツマンはお勉強もできるはず・・・・がんばります

もちろん走ることをあきらめたわけではありません。エントリーしている大会までには調整をして必ずスタートラインに立ちますよ


健康で生きていれば大切なものはいくらでも入ってくる






このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ズッキイ

Author:ズッキイ

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。