コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

検査結果

「全く問題ありません。便潜血検査のことは忘れてもらってけっこうです。」私がまだ座らないうちに先生が話し出しました。「はい、私もそのつもりでした。」とは言わなかったけれど今日私が聞きたかったことはそれではなくて・・・。

「先生、私はよく切れ痔になってしまうんですけど、放っておいても大丈夫ですか?」私も座るやいなや何だか戦闘態勢です。「少し痛くて血がでるくらいなら放っておいても全然平気です。」「ホントですか?私、去年は血豆みたいのもできて・・・」「あぁそれも全然平気ですよ。」

なぬっさすがガンを相手にしている先生、私の痔には全く興味がないみたいでした。全然平気って・・・そんなことないんだよそりゃあ死ぬことはないけれど、去年は眠れないほど痛くて初めて肛門科というところに行ったんだもの。それで痛みを押して初めてのハーフマラソンを走りぬけたんだから。そういえばあのときの先生も笑ってた。「そんなに走りたいの?まあ死にはしないけどこすれて痛いし血だらけになるよ。貧血にだけは気をつけて。」なんて言ってた。

その程度の痔はたいしたことないんだ・・・

それじゃあもうひとつ「マラソン大会前のご飯ってどれくらい前に食べたらいいんですか?」

何て子供っぽい質問、先生少しあきれてる様子「1時間前くらいですかね。」「やっぱりそうですか。でも私お腹が痛くなりそうでそんな直前に怖くて食べれません。」「そういうことなら、もう少し早く食べたほうがいい、消化する時間って人によって決まってるんですよ、それぞれわかってると思うからそれに合わせて食べるほうがいいんじゃないかな。トイレに行きたくなったらマラソンどころではないですからね。」

・・・そうですかあ、ますます?な私プロアスリートは一般にすごく早く食べるんですよね。でも素人ランナーはあんまり早く食べても途中でお腹空いちゃうとかで直前まで少しずつ食べたほうがいいとか最初からゆっくり走ればお腹が痛くなることはないとかでも私のお腹は消化が早いので食べたらすぐ反応するんですよね。ってことは人それぞれってことかな

そして、人間ドックでバリウム胃透視をやっていたため胃内視鏡検査はやらなかったけど、先生曰く、バリウム検査では専門の先生が見てもがんがあるかどうかはわからないらしいです。進行性ガンはわかるらしいです。だからどうせ検査をするなら胃内視鏡検査をやったほうがいいと。2年に1度くらいの頻度で。ガンは自分ではわからない(症状がない)ため検査で発見するしかなくて、やっぱりマメに検査をしていくしかないみたいです。検査代金が高いので健康に投資するという感じです。

会社の健診だけで異常なしでも本当に異常なしとは限らないとのこと。そして自分では気づかないうちに病気が進行していることもあるのです。運動を始めてから体調を崩すことが多く、心配になって病院に行くことが多くなりました。背中が痛い、肺が痛い(肺は痛くならないそうです。)せきがとまらない、などなど、ムキになって質問する私にそれぞれの先生方から「ズッキイさんのは何でもないです。」と笑われている今が本当に幸せです。

マメに健診に行こう
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

プレ東京マラソン

ランステ(ランナーズステーション、シャワー設備があるとこで、皇居ランナーが活用してるらしいです。)企画、春のフルマラソンチャレンジに参加してきました。荷物は最初に集めてランステに運んでくれていて各自終わったらランステでシャワーを浴びて帰るという流れです。

今年の東京マラソンは落選してしまったためせめてどんなコースを走るのか、興味深々で参加しました。東京マラソンと同じコース、新宿都庁をスタートして銀座や浅草を通って有明東京ビックサイトまで、ただし歩道を走ります。

10人にひとりくらいの割合でガイドランナーの方がついて走りました。けっこうアバウトな感じ。途中で帰るのは自由なので誰がいなくなったかとかあまり気にしていないようでした。まあ都会の中を走っているので少し歩けば駅があり、帰れないということはないのですが。

トイレ休憩や昼ごはん休憩など、かなり余裕をもって走っていきました・・・が私は右足首に最近かなり不安があり、案の定15キロ地点くらいから着地するたびに衝撃がこれはマジで途中リタイヤだなと思っていました。リタイヤするのは残念だけどこれはちょっとアキレス腱きれちゃうんじゃあと頭をよぎったくらいでしたから。

20キロ地点で各自コンビニお昼タイムになりました。ここで帰ろうかなと思っていたのだけど、アイスクリームと肉まんを食べたらなぜか体が回復、気のせいだけど足首の痛みもあまり感じなくなってきました。このまま行っちゃおうかなあ・・・うん行こう!と決めました。

ところで私がミニストップのソフトクリームを食べていたら周りの人からそんなもの食べるの?という呆れた眼差し「まあ食べたいもの食べるのが一番だから」なんて言われちゃって・・・。でも私エネルギー補給考えて食べたんですけどね

さて、後半がスタートしてから、念のため懐に忍ばせていたBCAA(アミノ酸スティック)を飲みました。
これも気のせいか効いてきて足首の痛みが和らいできました。着地できないほどではなくなってきた。何とか走れそうです本当は来月の大会のこととかを考えてやめておくのが正解なのかもしれないけど、今日完走しなかったら、このイベントに参加した意味がない、様子みながら頑張ってみようと思いました。

信号のたびに止まるので何とかついていきます。銀座の中を走るのは周りの人の好奇な目にさらされながら、でも東京マラソン宣伝の旗が揺れていたりして本番はもっと楽しいんだろうなと思いました。

ゴール手前の晴海橋?付近はあの映画「相棒」でも登場した爆破シーンがあったとこ?なんて思いながら本番と同じく東京ビックサイトまで走りました。9時にスタートして15時すぎにゴール。6時間半くらいかかりました。でも東京マラソンの制限時間は7時間なので収まりましたね。完走できて良かったあ・・・でもこの足首の今後が怖い・・・

ゆっくり走ってもフルマラソンってやっぱり苦しい最低限の体力は必要だと実感します。そして何より健康な体がないとツライ大会前のコンディショニングも必要です。
終わってしまうとすっかり忘れてしまうんですけどね。昨日はフルマラソンはもうイヤだと思ったのに今日はまた行けるんじゃないかと思ってしまう私です。

とりあえず、足首を何とかしなければ。

そうそう、東京周辺の人は皇居で練習している人が多くイベントも多く開催されています。そして今回参加されてた人たちも常連さんぽい。当然ランステは利用してます、みたいな。次は荒川マラソンという人もちらほら。その熱意すごいです。そしてイベント練習であっても勝負なのです。信号で追いつくと必ず私の前にでていく。で私が追い抜くとまた信号で・・・。もう遅いんだったら最初から後ろ走ってよとイラつく私でしたが最後は信号がなくて私の勝利でした(私も乗ってどうする)最後は実力勝負になるけれどこういう絶対負けないって気迫は実力以上の成果をだす可能性がある、勝負に欠かせないかもと思います。

でもね、やっぱり楽しく走りましょう
このページのトップへ
コンテントヘッダー

危険な食べ物

私は毎日、朝起きて、トイレに行ってから体重を計っています。ランナーにとっては体重が増えてしまうと命とりですからねなんて言いながら私はたいして気にもせず普通に食べています。そしてたいして体重も変わりはしないのです。いつもは・・・。

ところが先日、そんなに食べた覚えもないのに体重UP前日に食べたものを思い返してみると思いあたりました。。。

ROYCEのポテトチップチョコレートですバレンタイン特集で売ってたんですよ。ついつい買ってひとりで食べていたんです。これ、おいしいんですでも調子に乗って食べてたら胃が痛くなってきましたなんかヤバイ予感してたんですよね。

体重の増減の基本的な考え方は食べた量と動いた量が同じなら体重もプラスマイナスゼロで変わりません。やせるためには食べた量<動いた量にすればいいわけです。体重が増えたということは食べた量が多いということです。今回の場合は食べたエネルギー量が多かったんです。。。

この食べ物危険です

ポテトチップスという食べ物だけでも塩分と油がくっついています。それにチョコレートがかかっている。エネルギー量がかなり高いのです。そしてたくさん食べないと満腹感が得られないためにガンガン食べてしまう。私の場合途中で胃が限界を感じたみたい。けれどやっぱり体重には正直に現れました。

疲れていたりストレスをためていて、頑張った自分にご褒美をあげたいと私は自分に甘いのでいつも思います。でも食べすぎ(やりすぎ)はいけません。気持ちよい状態を超えて何だか自分の体を痛めつけているなと感じたら勇気をだしてやめるべきだと思います。

ところで、私は貧乏性なのでおいしいものは何度にも分けて食べます。パンもいっぱいつくってしまったら冷凍庫に入れて保管しておくと結構もちます。食べたいときにチンすると焼きたてパンみたいに元通り便利ですね、レンジって。そしてひとり暮らしの味方です。本当は誰かとシェアして食べればいいんですけどね。。。

実は・・・ROYCEの生チョコがまだ冷蔵庫にちびちび食べることにします。
自分チョコ買いすぎだよ・・・

誘惑に負けない強い意志を持とう
このページのトップへ
コンテントヘッダー

そろそろマラソン話を

今日は雨が降ったら完全休養しちゃおうと思っていた弱気な私の心とは裏腹に日が差し込んできました

こうなったら走るしかないですねしかも2月なのにとても暖かい、というか走ったら暑いじゃん

15キロ、今までにないくらい速いスピードで走れました

私は、走るときはいつでも一応1キロごとにラップをとりながら走ります。そうしないとただ走っただけになりそうだから。ただ距離を長く走ってもなかなか体にしみこまれてこない気がして。そして音楽聞きません。走ることに集中できないから。。。

・・・とちょっと真剣に走ります。限られた時間で素人なりにトレーニングらしきものをしようと思っているわけです。

いつも気をつけているのは走る姿勢です。気を抜いたり疲れてくると骨盤が落ちて悪い姿勢になります。私はマラソンの練習を始めたときからずっと青いe3グリップなるものを持って走ってます。効果はよくわからないけれど重さを両方に感じることでバランスをとるのかな?私の場合は大会当日はグリップがない分少し体が軽くなった気がして走りやすいです。

最近の私のペースは最初の2キロくらいはなかなかペースがあがらず呼吸が乱れています。落ち着いてきてから少しペースを維持、そして最後の3キロくらいからはさらにペースをてラスト1キロを全力で走ります。今日は15キロ走りましたが最後の5キロは前半よりもペースが上がったままキープできてラストスパートもできていたので速いタイムになりましたかなり苦しかったですけど

練習内容はいつも特に変えません。距離を調整するくらいです。色々な本に練習内容が書いてあったりするけれど、実際はそこまでできません。参考にするところは、休みはしっかりとること、大会に向けて体調を整えること(ムリをしないこと)などです。

毎日心がけることとして、座ったときも姿勢に気をつけること、電車ではつり革にはつかまらず自分でバランスをとること、階段をなるべく使うこと。などをしています。

次回のレースはハーフマラソンですが、制限時間が厳しい。2時間ジャストです。私の実力だとのんきに走って気持ちよく完走というわけにはいきません。前半から少し攻めていかないと、かなり真剣モードですね胸を借りるつもりで走りたいと思っています。

レースを楽しむために毎日少しだけ努力をしよう
このページのトップへ
コンテントヘッダー

心の友のあなたへ

それはいつも突然やってくるいや、もしかしたら予兆はあったかもしれない・・・。

ズッキイ、マラソンの話はどうなったんだ、とお叱りを受けるのは承知の上で今日の内容もちょっと違ってます。時間があれば少し我慢して読んでみてください。

ここ、最近ぐーーんと気持ちが落ち込んで立ち直れないほどになりました毎日つくっていたお弁当も毎日やってたストレッチも何もかもヤル気がなくなってしまった考えれば色々な理由があるのだけれどどうしても気持ちを前向きに持っていけない。それどころか色々な不安が頭をよぎってどんどん負のスパイラルに巻き込まれていく。このままでは本当に落ちてしまう・・・。

マラソン?そんな場合ではない。
だって私の人生の危機なんだもの。

「助けてくれーーー

こんなときに助けてくれる人・・・・・いました。
心の友です。

そういえば、ホノルルマラソンのとき、docomoのサービスで私のゼッケン番号を登録すると私が走り出すとき、チェックポイントを通過するときケイタイにお知らせしますよというのがありました。
docomoのケイタイを持っている何人かにお知らせしたところ、快く登録してくれた人たちがいました。私の母も登録したのですが結構登録がめんどうらしく母はなんとか知人に聞いて登録を済ませたそうです。このめんどうな登録を乗り越えてしかも時差の関係上私がスタートするハワイ時間の午前5時は日本時間の深夜0時です。次の日は月曜なのに私が10キロやハーフを通過するたびにケイタイがリンリンと鳴ります。迷惑な話ですよね。それなのに本当に何人かの人がやってくれて私のマラソンを日本から見守ってくれました。そして「速かったじゃん。」って言ってくれた。心の友のみなさんです

今日も心の友が「大丈夫?」ってかけつけてくれた。
私のために自分の時間を犠牲にして「いいよ」って言ってくれる、その気持ちに感謝します。

心の友のあなたへ
こころから・・・ありがとう。私は少し元気になりました


トレーニングを開始します。ホノルルマラソン以来しまっていた心拍計の出番かもしれません。
ターゲットは1ヶ月後のハーフマラソン。心をこめて走ります

このページのトップへ
コンテントヘッダー

試練?!

これは試練だな・・・大腸内視鏡検査の日がやってきました。

「金曜日は3食普通に食べてください。」ただし、食べれるものは食パン、白米、卵、豆腐。これだけしか食べれないってかなり苦痛です。私はそんなに食べる方ではないと思っていたけれど結構色んなものを食べていたんだと実感。

そして夜9時には下剤を流し込みましたどちらかというと便秘にならない私は恐怖でした。一気にドカスカと食べたものが流れ出てくるんじゃないかと。・・・ところがなぜか何の音沙汰もなしあれぇ困ったなあと思いつつ一週間の疲れから寝てしまうことに

案の定朝の4時に目が覚めました。それからは順調に排出。よかったー。
そしてそして朝9時に今度は本格的に下剤を投入1800mlを2時間以内にのまなきゃいけない
今回の試練はここにあります。普段から水もちょびちょび飲んでしまう私はそんな量を飲むのが本当にツラカッタ。味は思ったより飲みやすいのだけど、これが下剤だと思うともうなかなか進みません思わず自分自身に「ガンバレ!」です。「絶対私はできる!I can do it!」と脳と格闘の末やっとギリギリ飲みほしました。「よくやった、私」

あとは便が透明になればOKです。こちらは優秀、5回目くらいでOKでした。それにしても(ちょっと汚い話でスミマセン)おしっこと同じようなものが肛門からでてくるんですよ。それも勢いよくちょっとすごいなあと思いました。

病院に行くとトイレで便チェック、一発OKです。
その後お尻に穴のあいた短パンに着替えて(なんか笑える)いきなり点滴です。健康優良児だった私はこの年になるまで点滴をしたことがありませんでした。ドキドキ、この液体が私の体の中に入っていくのねと見とれていると看護師さんがやってきて「それでは検査をはじめます。」と言ってベッドごと検査室へ、えぇー、OP室に運ばれる患者さんみたいじゃん。

まもなく先生がやってきて私は横向きになりながら鎮静剤を打ち挿入。あらら全然平気。横になった先に画面があって私も一緒に中身が見れる。たいして異常はないみたい。先生と途中まで話していたけれど、気がつけば検査室からでて点滴をしたまま寝ていました。寝てしまったみたい。記憶がないこんな経験も初めてでした。

「大腸がんの心配は全く考えなくていいです。多分痔ですね。痔はほっといても大丈夫ですから。(そうなの?今度もう一度聞いてみよ)粘膜が少し炎症をおこしてますけどこれはストレスでもでますから。(脳トレのせいかなぁ)一応検査にまわします。2週間後に結果を聞きにきてください。」
なぜか最後に先生の本をいただいて(無料)終了。

今回のクリニック、なかなか良かったです。下剤を飲む以外は本当にスムーズで痛くなかったし、婦人科検診もこうなるといいのになと思いました。女の子で肛門なんてかかわりたくないところだけれどアスリートは恥ずかしがってはいられませんもんね。私はアスリートだと思うと意外と度胸が座りますむしろ私の体をみてくださいと。

ちょっとこの先生の本、読んでみて今度質問してみようかなとずうずうしい私は思っています。

病院でアスリートは恥ずかしがらない
このページのトップへ
コンテントヘッダー

勝負に勝つ!

「そういう言い方はないんじゃないですか

私は生意気なのでよく逆切れされます。どう考えても相手が言っていることが理不尽なので私はいつも1行目のようにくってかかっていました私が怒っていることを相手に知らせなければいけないと思ったし社会に1歩でたらそこは戦場ですからね弱い者はどんどんつぶされる。だから強くいなければいけないと思っていました・・・。

けれど、今年は「怒らない」と決めました。もういろいろ考えるよりそう決めたから必ず守ろうと心に誓っているのです。というのも・・・「勝負に勝ちたい」からです。
人生は確かに勝ち負けではないと思います。けれど勝った方が気持ちいいし勝たなきゃならない時ってやっぱりあると思うのです。そこで脳を鍛えようと・・・。

脳を鍛える段階で「怒ること」は何の得にもならない、そう考えたらすべてのことに納得がいきました。「怒ること」をやめるのは大人になったから私が丸くなったとか相手は頭が悪いから相手にするなとかとも違う、違うそういう理由では私は自分の感情を抑えることがずっとできなかった。

私が来るべき人生の勝負では必ず勝てるように「怒ること」をやめるのです。

性格は明るく常に前向きに、常にヤル気を持って心をこめて行う。何に対しても勉強し楽しむ気持ちを持つ。感動と悔しさは宝物、集中力を高め決断と実行を早くする。・・・これらをレベルアップすることによって運動神経も頭も良くなって結果勝負に勝つのです

これって一石二鳥じゃないですかぁ。マラソン大会のために走る練習と並行して行うストレッチと同じように並行して脳をを鍛えることもすればいい。時間はかからないし、日々気をつけて実践するのみ

だまされたと思ってやってみようと思っています。
今のところ最初の1行目を我慢するために悔しくて涙する日々です。理不尽だと思ってもとりあえず相手の言うことを聞いて正しいこととそうではないことを冷静に判断し主張するところは怒らず主張する。ただ1行目をやめるということです。今はきっと脳にもストレスを与えているかもしれないけれどまだ訓練の初期だから。今日は胃が痛くなってきた(笑)でも体が覚えるまでには多少の筋肉痛は覚悟の上です

今日はたまたま夜、違う場所で仕事があって余計に脳にストレスを与えるところを一緒に働いている嘱託さんが「ズッキイさん、お気をつけて」と帰り際に言ってくれました。

救われました。ありがとうございます。感動したので脳が喜んでいます

来るべき勝負のために毎日の目標「怒らない」を実行中です。

明日の私は今日の私よりも賢くなる

このページのトップへ
コンテントヘッダー

オフ

大会が終わってホッと一息そして、この一週間はマラソン以外の色々な人に会いました。私と共に時間を過ごしてくれたみなさん、ありがとうございます

それで今日、やっと一息、オフ日です。と言いつつ完全休養ではなく軽くジョグしてみました。向かい風に押されて前に進めないこんな日もありますね。

でも走り終わってその後何もない日は至福のとき今日はやっぱり私にとってはオフ日です。

そこで何をしようかと、やることはいっぱいあるのですが・・・。

寝ることにしました。
今から少し寝ます

走り続けていると見失ってしまうことがある。
今、私は何をするべきなのか?
どこに向かっているのか?

たまには考えて修正しなければいけないと思っています。

疲れたときには寝てしまおう

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

ズッキイ

Author:ズッキイ

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
2016参加予定大会
<2月7日>・・・・・・・ 神奈川マラソン(h)・・・ <2月14日>・・・・・・ 高知龍馬マラソン・・・・ <3月12日>・・・・・・ 名古屋ウィメンズ・・・・ <4月17日>・・・・・・ かすみがうらマラソン・・ <7月17日>・・・・・・ 小布施見にマラソン(h) <10月9日>・・・・・・ ほたるいかマラソン(h)
月別アーカイブ
12  10  07  04  03  02  01  12  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。